【注意】アムウェイ会員から買ってはいけない その先の勧誘!ヤバイ手口とは?

あなたは、Amwayをご存じでしょうか。

Amwayとは、ネットワークビジネス業界NO1を誇る大手企業です。

ネットワークビジネスとは、簡単にいえば「会員が誰かを勧誘して会員を増やす」ことで、利益をあげる仕組みです。

なので「怪しい」「友達をなくす」といったトラブルの元なのではといわれています。


Amwayの商品は会員にならなくても公式ショップから直接買うことも出来ますし、Amway商品を取り扱うネットショップからも買うことができます。

ただし、Amway会員(ABO会員)になることで会員価格で購入することができます。

このAmwayの商品は、大体の方がAmway会員から最初に知ることが多いようです。

今回は、このAmwayを商品を扱うAmway会員勧誘の手口についてお話します。

また、アムウェイという会社はやばいと言われる理由はなんでしょうか。

これから20歳を迎える人やまだAmwayの勧誘経験のない人へ1つ1つ解説します。

Amwayの勧誘手口とは?

Amway会員は、商品を単体で買ってもらったら「会員」に入会させたいのが本音です。

Amwayの会員になるには20歳(学生・公務員不可)以上からです。

筆者は20歳になった年にAmwayの勧誘の経験があります。

そして30代半ばまで何名かの友人ディストリビューターから「夢はあるの?」から始まり「将来欲しい物とかある?」「今よりもっと収入が増えたら嬉しいと思う?」から始まります。

勧誘の回数が増えると、毎回同じ言い回しをするのですぐにAmway勧誘と気が付くことができるようになりました。

他にもいろいろ、勧誘の手口があるのです!

  • 久しぶりに遠い知り合いからの連絡
  • 鍋パーティーに誘われて友人の知り合いの家に行ったらAmwayの鍋の営業だった
  • 料理教室という名目で目的は勧誘だった
  • 職場の先輩や同僚から「いい商品があるから是非見て欲しい物がある」と言われAmway会員の先輩の家に連れていく。

勧誘活動に熱くなる理由

ネットワークビジネスは冒頭で紹介したように、「誰かが誰かを紹介して会員を増やす」ことで成り立つビジネスです。

簡単に説明すると、

友人は先に誰かから勧誘されて会員になりました。

利益を出すためには自分も誰かを紹介し、その紹介した人が商品を買うとその利益の一部が友人に回るという仕組みです。

しかし、このままではただの「ねずみ講」ですよね。

Amwayがねずみ講でないというけれど?!


友人から勧誘され会員になったあなたが例えば5人紹介するとします。

そして、そのあなたの直の5人がまた誰かを紹介しどんどんあなたの下の会員(子供)が増えていくことで、勧誘してきた友人とあなたの間が切れてあなたがトップになるという仕組みになると説明されました。

なので、頑張って自分の下に会員を付け独立した組織を作れば、いずれ紹介した友人を追い越すことが出来ることで「ねずみ講ではない、あなたの頑張り次第ではあなたが1番上になるのです!」ということになるのです。

とにかく自分の下に誰か付けたい、つけなくてはいつまでも末端であることで必死になります。

自分が上になり利益を出し独立するには、誰かを会員にしなくてはなりません。

そうしてどんどん増加していくのです。

冷静に考えれると独立するまで「ねずみ講」に似た仕組みのような気もしませんか?

アムウェイは本当にヤバイのか?

Amway(日本アムウェイ)は、基本的にはきちんとしたネットワークビジネスの仕組みを持っています。

しかしなぜヤバイと言われるのでしょう。

Amway会員がヤバイ理由

先ほど、アムウェイ会員が利益を上げるには勧誘して会員を増やすことが必須と説明しました。

そのために、料理教室や試食会、パーティーと称して連鎖販売取引を違反して勧誘・営業をする人が多いからです。

連鎖販売取引とは、訪問販売など一般的なお店以外の売買以外の商取引の法律のことでルールとして「Amway商品や勧誘をする際、必ず目的をはっきり伝えなくてはいけない(特定取引法)」を守って勧誘しなさいという決まりがあるのです。

なので会員が「久しぶりにご飯でもいかない?」と、しか言わず誘い出しAmway会員のいる部屋へ連れていく行為は、「目的の表示をしていないのでNG」なのです。

しかし、末端の会員は自分の下(子供)を増やしたいがためにルール違反をする人が大勢います。

なので、「ヤバイ」企業と思われてしまうのです。

勧誘されないために気をつけること


先ほども言いましたが、「昔の友人や関係が薄い知り合い」からの急な連絡が来たときは慎重になってください。

その場合、きちんと目的を聞きましょう。

「あっちで話すから」「すごくいい話がある」と具体的に言わずおびき寄せようしても冷静に判断して下さい。

どのような人が勧誘されやすいの?

NOと言えない大人しい人と思いきや、実は「ハキハキしていて明るい人」が勧誘されやすいといわれています。

なぜかというと、おとなしい人は会員になってもすぐに辞めたり会員を集められないのでメリットがありません。

明るくハキハキとした人は、夢や目標に向かって頑張るポジティブさがあるので仲間にしたいのです。

まとめ

今回はAmwayについて解説しました。

Amwayビジネスで大きく稼ぐことはトップの数%と言われています。

会員になって自分でAmway商品を買いすぎて、ブラックリストに乗った人もいますし何より、会員を増やしたいが故、友達や後輩まで声をかけます。

筆者の経験上、「Amwayの商品の紹介のため」と誘われたことはありませんでした。

自分が会員を増やすことで、その下が会員が増えれば独立できる・・しかし現実、今まで勧誘してきた人1人として裕福になった人など誰もいませんでした。

あなたもいつか声がかかるかもしれません。

商品は悪いものではありませんし、気に入れば会員になることは自由です。

しかし、誰かを呼び出し仲間うちで囲まれ「夢」「目標」「○○なんて簡単に買えるようになる」と、延々と話された経験は苦く辛いことでした。

このような強引な勧誘をする人ばかりではありませんが、今回挙げた実態がある限り「目的が明白でない誘い」からまず、慎重になりましょう。

著:バグラ
¥348 (2024/06/21 18:47時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

消費者庁からアムウェイに対して行政処分が行われました。

連鎖販売業者【日本アムウェイ合同会社】に対する行政処分について | 消費者庁
タイトルとURLをコピーしました