買ってはいけない?プラスチック容器

プラスチックは、さまざまな製品に利用されていて私たちの生活にとても身近なものですよね。

毎日の生活で、かかせないプラスチックでできた製品ですが、プラスチックでできている保存容器はご家庭に1つはあるのではないでしょうか。
お弁当を持参されているのであれば、お弁当箱もプラスチックの容器でできているものが多いですよね。

そんな使い勝手のよいプラスチック容器なのですが、買ってはいけないプラスチック容器とはどのようなものでしょうか。

プラスティック容器について、お調べしましたのでご紹介します。
こちらの記事では、プラスチック容器のメリットやデメリット、代用品についてお調べしました。

容器選びの参考になるとうれしいです。

プラスチック容器のメリット

プラスチック容器の最大のメリットは軽くて、中身が漏れにくく持ち歩きがしやすいところです。
そして値段もお求めやすいものが多く、買いやすいですよね。

中身が透明なものを選ぶと、冷蔵庫の中でも中身が見えるので整理がしやすいです。

冷蔵庫の中を見やすくするために、プラスチック容器に詰め替えて統一感をだすこともできます。

プラスチック容器のデメリット

プラスチック容器のデメリットなのですが、使用しているプラスチックの材質の一部に疑問の声がでています。

また自然分解することがむずかしいとされるプラスチックのゴミが増えていくと、環境に負担がかかります。
海洋生物が海に流れ出たプラスチックを間違って食べてしまったりなどという話は聞いたことがあると思います。

プラスチック容器は、使用期限があり時間とともに劣化していきます。

プラスチック容器の使用期限とは

プラスチック容器は、永久的ではなく時間の経過とともに劣化していきます。

劣化の特徴としては、強度が弱くなったりします。

冷凍保存をして解凍をしたときにプラスチックが割れた経験はないでしょうか?
プラスチック容器は、温度差に弱いです。

冷凍以外にも、紫外線などにあたると劣化が進みやすくなるといわれています。

プラスチック容器の使用期限は、材料の種類や使用状況によって異なりますが、一般的に3年程度とされていますので永久的なものではないようです。

プラスチック容器を洗うと、表面に傷が入りやすくなってだんだんと曇ったりしますよね。
プリントしてある場合は、プリントの部分が薄くなってきます。

またカレーやミートソースなどを入れるとにおいが取れにくくなりますし、色移りもします。

プラスチック容器は手軽に買える分、手軽に処分もしやすいです。

しかし半永久的なものを処分していくより、ずっと使えるものを選んだりゴミを少しでも減らすなど、エコの観点などからプラスチック容器を買うよりも代用になるものを検討してみてもよいかもしれません。

プラスチック容器の代用品

もしプラスチック容器以外の容器を使用してみたいと思われたなら、以下の製品がおすすめです。
特徴やメリットやデメリットをご紹介します。

ホーロー容器

ホーローとは、鉄やアルミなどの金属にガラス質の釉薬を焼き付けたものです。
見た目の美しさやインテリアに合わせやすいおしゃれな見た目で人気のある容器です。
メリット
耐久性があり内容物の保存性に優れています。またプラスチック容器はにおいがつきやすいですが、ホーロー製品はにおいがつきにくいです。
デメリット
衝撃に弱く、たわしなどでこすると傷がつきやすいです。誤って落としたりするとへこんだり塗料がはがれて錆の原因になります。
また電子レンジの使用ができません。

ガラス容器

耐熱タイプのガラス容器を選ぶと用途が広がります。
メリット
耐熱性のガラス保存容器は、電子レンジやオーブンに入れて使えるので下ごしらえまで終わらせておいてオーブンに入れるだけなど料理の準備などに使えます。
色移りや、においがうつる心配もありません。
見た目もおしゃれなものが多く、インテリアとの相性もいいです。
デメリット
重さがあることと、衝撃に弱く落としたりぶつけたりすると割れる可能性があります。

陶器製の容器

料理の作り置きをしておくときに陶器製の保存容器を使うととても便利ですよね。
サラダや漬物などそのまま食卓へ出すこともできますので便利な容器です。
メリット
陶器製の容器は、デザインがオシャレなものが多く販売されています。
色移りや、においがうつる心配もないので清潔に使えます。
一部、電子レンジやオーブンに対応している商品もありますので確認してみてくださいね。
デメリット
ホーローやガラスと同様に、衝撃に弱く落としたりぶつけると割れる可能性があります。

まとめ

以上で、プラスチック容器のメリットやデメリット、代用品のご紹介をしました。
プラスチック容器を使ってはいけないわけではありませんが、使用期限もあるので永久的に使用できるものではないですよね。
もしこれから保存容器をお探しでしたら、別な材質のものを検討してみてもよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました