買ってはいけない電気毛布とは?

寝る時に体の下に敷いたり、ひざに掛けて体を温めることのできる「電気毛布」
あなたは使ったことがあるでしょうか?

防寒対策には、エアコンやこたつ、石油ヒーターなどを使用する方が多いかと思いますが、
実は「電気毛布」は電気代も安く、手軽に使用できる便利な暖房器具です。

そんな便利な電気毛布ですが、使用する際にいくつか注意しなければならない点があります。

そこで今回は、電気毛布の危険性に触れ、買ってはいけない電気毛布とおすすめの電気毛布をいくつかご紹介していきたいと思います。

電気毛布の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

電気毛布とは?

電気毛布の歴史は古く、1920年頃には結核患者のために医療用として使用されていた暖房器具でした。
その後、昭和30年頃に日本国内初の家庭内暖房器具として電気毛布が発売されました。当時は13,000円ほどで販売されていそうで、かなり高価な商品だったようです。

電気毛布は、毛布の中に電熱線が入っており、付属のコントローラーを使って使用します。布団の上などに敷いて寝る時に使用する「敷くタイプ」、ひざや肩などに掛けて使用する「掛けタイプ」、敷いても掛けても使用できる「掛け敷き両用タイプ」があります。

電気毛布の電気代は、他の暖房器具と比べてみると、

種類消費電力電気代
エアコン1,190W約32.13円
電気ストーブ900W約24.3円
ホットカーペット480W約12.96円
こたつ300W約8.1円
電気毛布75W約2.025円
※1kW単価27円として、1時間使用した場合

となっており、他の暖房器具と比べても安くなっています

電気毛布の危険性

使い勝手もよく、電気代も節約できる電気毛布ですが、いくつかデメリットがあると言われています。

脱水症状になる危険性

寝ている時に電気毛布の電源をつけっぱなしにしていると、体温が上がりすぎて汗をかくことで、脱水症状になる危険性があります。特に、小さなお子様や年配の方など、体温調節が苦手な方には注意が必要です。

睡眠の質が悪くなる危険性

人間は眠りにつく際に、体内の熱を放出します。そのため、電気毛布で体が温まり続けると脳や体が十分に休まることがないので、眠りの質が悪くなってしまうと言われています。

体温調節が苦手になる危険性

これは電気毛布だけに言えることではありませんが、外気温と室温の温度差が激しすぎると、自律神経が乱れ体温調節がうまくできなくなってしまいます。そのため、暖房器具を使用する際は、室温を上げすぎないようにして、体の冷えた部分を温める程度に使用するとよいかもしれませんね。

買ってはいけない電気毛布

次に、買ってはいけない電気毛布をご紹介します。

タイマー機能がない

電気毛布のスイッチには「タイマー機能」が付いている商品とそうでない商品があります。先程も述べたように、眠りについた後にも体を温め続けてしまうと、睡眠の質の低下や脱水症状になる危険性がありますので、時間が経つと自動で電源が切れるタイマー機能はあった方がよいでしょう。

丸洗い不可

電気毛布は、電熱線が入っている電化製品ですので、中には洗濯機で洗えない商品があります。手洗いなら可能な商品もありますが、まったく洗えない商品というのもあります。
人間は寝ている時でも汗をかいていますので、洗濯ができないとなると衛生面が少し気になりますよね。そのため、電気毛布を選ぶ際は、洗濯や手洗いができない商品は避けた方がよいでしょう。

電熱線が太すぎる

これは敷くタイプの電気毛布を選ぶ際に言えることですが、電熱線が太すぎると寝心地が悪くなります。電熱線が太い方がパワフルで暖かさを感じることはできますが、背中に固い電熱線があると気になって眠りづらくなってしまうので、敷くタイプの電気毛布を選ぶ際は、寝心地がよいかどうかも考えた方がよいかもしれませんね。

おすすめの電気毛布

これまでは、電気毛布のデメリットの部分に注目して説明してきましたが、ここからは筆者がおすすめできる電気毛布をいくつかご紹介していきたいと思います。

まずおすすめしたいのが、2022年10月に新発売されたパナソニックのこちらの商品です。

入眠時にはすばやく温めてくれて、寝ている間は暑すぎない温度を一定に保ち、起床時にまた温度を上げてくれる「快温モード」が備わっており、ベッドに入れば朝まで自動で快適な温度を保ってくれるのがとても魅力的です。また、洗濯機でも洗えて、切タイマーも付いていますので、やや値段は張りますがおすすめの商品です。

電気毛布メーカーの中でも人気の山善ですが、他のメーカーでは売っていないおもしろい商品を発売しています。それがこちらの、着る毛布の電気毛布バージョン「くるみケット」です。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場


寒がりな女性の間では、「着る毛布」というアウターのように着ることのできる毛布が人気ですが、こちらの商品は、さらに毛布部分が電気毛布になっています。足元まですっぽり覆うデザインで暖かく、手を入れられるポケットもついているので、この商品があれば真冬でも快適に過ごせそうです。

もちろん、タイマー機能も付いており、丸洗い可となっていますので、リモートワーク中や家事中の寒さにどうしても耐えられない!という方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

電気毛布にはデメリットとして挙げられる部分もありますが、タイマー機能等を使って使用方法に注意すれば、節電もできる便利な暖房器具です。

ぜひ、購入する際には機能面に注目して、商品を選んでみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました