洗顔用に牛乳石鹸を買ってはいけない?赤箱や青箱の違いとは 

牛乳石鹸というと、体を洗う石鹸というイメージがあるかもしれません。
近頃、SNSでは牛乳石鹸を洗顔に使う女性の投稿を見かけます。


レギュラーサイズ1個110円程度で、コスパが良いと評判です。
肌がしっとり仕上がるというよい口コミをみかけます。

しかし、洗い上がりがすっきりしない、乾燥してつっぱるなどの真逆の口コミもあるのです。
なぜ評価が極端に分かれるのでしょうか。
買わない方がよいのか悩む前に、石鹸を選ぶコツについてみていきましょう。

牛乳石鹸の赤箱と青箱の違い

牛乳石鹸には、石鹸の外箱の色から赤箱と青箱の2種類があります。
スーパーやドラッグストアなどの売り場では、簡単に見分けられますね。
両方とも牛乳が原料で、昔ながらの釜だき製法で作られていて肌当たりがなめらかです。

大きな違いがあるところは、保湿成分の有無と香りです。

しっとりした使い心地の赤箱

赤箱には、スクワランという保湿成分が配合されています。
スクワランはほ乳類や植物も含まれる天然の成分です。
汗や水分と混じると膜をつくり、乾燥を防いで、肌をトラブルから守る働きがあります。
そのため、洗い上がりがしっとりとしていてつっぱりにくいです。
ローズ系の香りでほっと安らげるような使い心地がします。

さっぱりした使い心地の青箱

もう1つの青箱は、スクワランは配合されていません。

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

牛乳の成分で肌当たりはよいのですが、赤箱よりもうるおいは感じにくいですね。
さっぱりとした洗い上がりを重視しています。
青箱はジャスミンの花の香りで、赤箱よりも香りは控えめです。

洗顔にむくのは赤箱

洗顔に使うとしたら、洗った後もうるおいが感じられる赤箱です。

カウブランド
¥1,346 (2024/07/12 21:22時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

SNSでは「赤箱」や「赤箱女子」というハッシュタグが見られ、女性を中心に人気があります。
肌トラブルに悩まされた人が、皮膚科医から肌に優しい石鹸だとすすめられることもあるようですよ。

脂性肌の方は、青箱の方がさっぱりした使い心地で気に入っているという方もいるかもしれません。
しかし、公式サイトや利用者の口コミをみると、洗顔での利用は特に勧められてはいないようです。

牛乳石鹸を使っているのに、肌のつっぱりやカサつきが気になる場合は青箱を選んでいるからかもしれません。
もし、青箱を使っているならお風呂用にして、洗顔用に赤箱を用意してはいかがでしょうか。

赤箱を使っているのに肌悩みが解消しない

赤箱を使っているのに、乾燥してピリピリする、肌にうるおいがないという悩みを抱えている方もいます。
そのような場合、肌を傷めるようなことをしているかもしれません。
具体的なNG例は下記の通りです。

石鹸を泡立てずに洗う

洗顔するときに手のひらに手早く石鹸をこすりつけて、力を入れて塗り広げていませんか。
指に力を入れて肌をこするようにすると、ダメージを受けてしまいます。
乾燥がよりひどくなる原因にもなりかねません。

赤箱は比較的泡立ちがよいのですが、洗顔ネットなどのグッズを使うとよりきめ細かいクリーミーな泡に仕上がります。
やわらかい泡を肌にのせるようにして顔全体に広げると、肌トラブルをひどくする心配がありません。
朝の忙しい時間に泡立てている暇がない場合は、手で薄く泡立てて顔を包むようにして広げるとよいですね。

忘れがちですが、すすぐときにもポイントがあります。
両手に水をできるかぎりためて、こすらずに優しく洗い流すようにしましょう。

メイクを落とさないで洗顔する

いくら一生懸命に泡立てても、赤箱でメイクを落とすのは難しいです。
メイクが落とせないと何度も洗顔すれば、必要な皮脂が失われてよけいに肌が乾燥してしまいます。

特に、ウォータープルーフタイプのアイメイク、ティントタイプのリップなどは、赤箱では完全に落とせません。
先にメイク落としやポイントメイク用のリムーバーを使ってから、赤箱でダブル洗顔をするとよいでしょう。

洗顔後にスキンケアをしないままでいる

赤箱で泡での洗顔やメイク落としとのダブル洗顔をしているのに、肌の調子が良くならないという方はいませんか。
石鹸に保湿成分が入っているからといって、スキンケアをせずにいる場合があります。

洗った後、必要な皮脂も肌から除去されている状態です。
洗った直後は肌の水分が残っていても、皮脂が足りないので蒸発しやすい状態になっています。
つまり、そのままですと乾燥が進んでしまう可能性があるのです。

洗顔をしたら化粧水で保湿をし、乳液やクリームでフタをする必要があります。
朝はメイク前にお手入れする方が多いので、特に問題はないでしょう。
しかし、夜は家事や残業などで忙しく、スキンケアをせずに洗顔後にそのまま寝てしまう方もいます。
手間がかかるように感じるかもしれませんが、トラブル知らずの美肌を目指すには大切なポイントです。

赤箱が向かない方

洗顔での利用によいとされる赤箱ですが、どうしても向かない方もいます。
どちらかというと脂性肌の方は、洗ってもさっぱりした感じがしないという感想もあります。
また、牛乳などの入っている成分が合わない、もしくは、ローズの香りが苦手だという方もいるでしょう。
赤箱の特性を踏まえ、購入前によく検討することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました