美容や美肌に良いのにビタミンCサプリメント買ってはいけない?!その理由

美容に特に人気の栄養素ビタミンC
ビタミンCは抗酸化作用もあり、美白美肌と女性は特に気にされているのではないでしょうか。

日焼けしたらビタミンCを取れば、もどりと言われるように細胞の健康を守る働きがあります。

しかし、そんな体に良い栄養素ですが、取れば取るほど良いというわけではないのです。

なので身近な栄養素のビタミンCを含んだ商品やサプリメントが販売されていますが、買ってはいけない場合があります。

この記事で分かること

  • ビタミンCの役割・働き
  • 取った方が良い摂取量
  • 買ってはいけない理由・人
  • 取り方により及ぼす体への影響・病気
  • おすすめ食品と注意点
  • ビタミンCの豆知識

というような美容に大切なビタミンCについての、疑問をお伝えします。

是非よければ参考にしてくださいね。

ビタミンCの役割と摂取量

ビタミンCの体での役割ってご存じでしょうか?なんとなく美容に良い、美白の意見が多いです。

大切なビタミンCの役割と摂取量見てみましょう。

ビタミンCの特徴

ビタミンCは水溶性のビタミンで、果物や野菜に多く含まれていますが、水で洗ったり加熱調理したりすると失われます

そのため体に取り入れにくさはありますが、人の体の中で作られない栄養素でもあるので、食事や飲料からの摂取が必要なのです。

 

哺乳類の多くはビタミンCを体の中で作ることが出来るので、人類特有ですね。

体の中では、小腸から吸収されますが、体内に十分なビタミンCがあると腎臓から尿として排出されます。

ビタミンCの役割・働き

ビタミンCの役割として良く知られているのが、シミやそばかすを防いだりメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成に重要な役割で美容に関することです。

コラーゲンは皮膚や骨・軟骨・腱に、胃や腸・血管・膀胱などの細胞に含まれる、美容だけでなく体全体に大事な成分です。

ビタミンCが小腸で鉄分の吸収率を上げますので、女性の方や貧血気味の方は鉄分吸収の上げるためにも、ビタミンCの摂取が必要となります。

ビタミンCが不足すると、ケガが治りにくくなるのです。

細胞の健康を守り、悪玉コレステロールによる動脈硬化を改善する作用もあるとされています。

推奨されているビタミンCの摂取量

1日分の摂取量がどのくらいが良いのでしょうか。

成人は男女ともに100mgです。妊娠中のかたは110㎎で授乳中の方においては145mgです。

喫煙者も135㎎ほどですが、上限は1000㎎=1gとなっています。

ビタミンCの不足・過剰で及ぼす病気

ビタミンCが体に及ぼす病気は、どのような症状などが起こるのでしょう。

ビタミンC少ない欠乏症

ビタミンCが少ないとビタミン欠乏症となり、主な病気として壊血病があります。

壊血病は、パンやご飯・麺類にファーストフードにお菓子ばかり食べている人や高齢者でも起こる病気です。手の平に片手分の野菜や果物を取ってない偏食気味の人にも、過壊血病が見られたという症例があります。

壊血病の症状として、早い時期に疲れにだるさなどがみられ、1~2か月すると内出血を起こしたりしやすくなり、歯茎からも出血するようになり、歯が抜けるようになったり、関節が痛くなったりするのです。

長期化することにより、気分に変化が出たりして神経障害がみられ、最悪死に至ります。

ビタミンCの過剰摂取

多くとれば、良いことばかりで問題ないんではと思いますが、まったく違っていて様々な病気の要因になることがあります。

1=2g程度なら害はないと考えられますが、それ以上過剰になるとお腹が張ったり、緩くなり下痢になるのです。

また、鉄分の吸収を助けて上げてしまうので、健康な人は大丈夫ですが鉄分を蓄積してしまう病気の人は注意が必要となります。

透析受けている人は、ビタミンCを除去するので欠乏症にも過剰摂取にも注意しまよう。心配な方はまずは、必ずかかりつけ医に相談です。
シュウ酸塩が高くなると尿路結石を起こしたり、健康な方でも関連しますので予防の面からもサプリメントなど余分な摂取は控えた方が良いでしょう。
 

おすすめ食品と注意点

ビタミンCは体に不足していると吸収率が上がり、体に十分にある時は、吸収率が下がります。

多く含まれる食品

100gあたりのビタミンC含有量の多いものは何か見てみましょう。

野菜果物
品名100gあたり品名100gあたり
アセロラジュース120㎎キウイ69㎎
ケール81㎎いちご62㎎
赤ピーマン170㎎ネーブル60㎎
ブロッコリー54㎎レモン果汁50㎎
小松菜39㎎70㎎

以外に多く入っているように見えますが、100㎎あたりです。レモン果汁200㏄はさすがに飲めませんね。

2~3時間で排出されるので、一度に摂るのではなくて3食に分けたりこまめに少しずつ摂ることオススメします。
注意すること

摂取の際は、栄養ドリンク、ジュース、スムージーなどに入っていることが多く、過剰にならないように購入する前にチェックが必要です。

摂りすぎてはいけないので、こまめに食事から取ることが一番のおすすめです。

偏食の方や食べられない方は、サプリなど補助剤で医師などと相談しながら補いましょう。

『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では「通常の食品から摂取することを基本とし、いわゆるサプリメント類から1g/日以上の量を摂取することは推奨できない」としている。
1g以上とされていますが、㎎表記では1000㎎ですね。なかなかの量なので、食事だけでは過剰に超えることはないのが多いです。
 

豆知識おすすめサプリメント

グミサプリ <UHA味覚糖>
マルチビタミン 2粒 ビタミンC含有量 150㎎

コラーゲンや必要な10種類のビタミンも入っています。
グミなので水なしでおやつ感覚で、手軽に取れるのがメリット

排出されること考えて、朝と夜に1粒づつなど好みに応じて摂取可能

食事などでしっかりとれた日は過剰にならないように、1粒に控えたりできるのも良いところでおすすめです

UHAグミサプリ
¥749 (2024/02/12 14:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ネイチャーメイド  <大塚製薬>
マルチビタミン 1粒 ビタミンC 125㎎

一粒で補えるので、持ち運びなどでコンパクトに済みます。

NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥1,500 (2024/02/12 14:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
ビタミンC専用で多く含まれているサプリメントもありますが、食事や飲料にビタミン以外のサプリメントから取れていることも多いので、適度な量のサプリメントがまずはおすすめです。

ビタミンCのサプリメントについてのまとめ

取れば取るほど良いわけでなく適切な量が良く、また数時間で排出されるので、こまめに食事などで摂取することが良いことが分かりました。
 
サプリメントの裏にある表記の含有量を見て購入し必要量摂取で、過剰摂取になる可能性がある場合は、安易にサプリメントを買ってはいけないです。
 
美容効果抗酸化作用美白効果と期待がありますが、健康面のリスクがあるので適度な量を心掛けることが、とても大事で足りない分を補うようにしましょう。
 
 
ダイエットや美容にシミが気になりますが、まずは3食しっかりと野菜・果物を頂くのがベストですね。
 
 
タイトルとURLをコピーしました