買ってはいけない?布団カバー

毎日の睡眠に欠かせない寝具ですが、布団カバーを選ぶときにどのような点を重視されていますか?
デザイン、価格、品質や素材いろいろあると思います。

快適な睡眠を得るためには、自分に合った布団カバーを選ぶことが大切ですよね。

こちらでは、布団カバーの選び方を素材別にご紹介します。

そしてメリットやデメリットもご紹介し、自分の睡眠に合った布団カバー選びの参考にしていただけると幸いです。

ご希望に合わない買ってはいけない布団カバーがあるかもしれませんので、購入される前にチェックしてみてくださいね。

それではさっそくご紹介します。

布団カバーの選び方について

布団カバーを選ぶときの素材についてお伝えします。
デザインがとても気に入ったら、素材も合わせてチェックしていただければよりお気に入りの布団カバーになるかもしれません。

綿素材

販売されている布団カバーは綿素材のものをよく目にしますよね。

綿素材は、肌に優しくて汗の吸い取りもよくてお洗濯もしやすい素材です。
1年を通して使用できるので綿素材の布団カバーがあると安心です。

メリット
敏感肌や赤ちゃんでも安心して使える素材です。

やわらかい肌触りが好きで天然の素材を探しているのでしたら、ぜひ綿素材を検討してみてくださいね。
さらにこだわりがあれば、綿花に農薬を使用していないオーガニックコットンやガーゼ素材の物を選ばれると肌に優しく安心して使用できます。
デザインもさまざまで、単色のものから模様の入った布団カバーが販売されています。

デメリット
お洗濯をした後にしわになりやすい素材です。
もししわが気になるようであれば、脱水はみじかめにして伸ばして干すようにすると多少しわが目立ちにくくなるかもしれません。

また厚手の綿素材のものは、梅雨時期などにはお洗濯後の乾きも少し時間がかかるかもしれませんので、ガーゼ素材や綿とポリステル混合の布団カバーを選ぶと、解消されます。

麻(リネン)素材

肌に優しい天然素材で、麻(リネン)特有のサラサラとした気持ちの良い質感です。
使い続けると布地がやわらかく変化し、肌馴染みがとても良くなります。
特に夏に使用するのがおすすめで、吸湿性もある素材なのでべたつかずに快適です。

メリット
天然素材ですがお洗濯に強いです。乾きがとても早く便利に使用できます。
デザインもよく、インテリアとの相性も◎です。

デメリット
しわになりやすく、アイロンによるお手入れが必要です。
一般的に、製品の値段が高価な場合が多いです。

ポリエステル素材

ポリエステルの原材料はペットボトル(PET)と同じポリエチレンテレフタレートという合成された繊維です。
さまざまな優れた性質があり、洋服にも使用されています。

メリット
洗濯による耐久性が高く、綿素材などに比べると乾きが早いので梅雨や温度の低い日にはお手入れがしやすくなります。
またしわになりにくいのでアイロンをかける必要はありません。
冬場に使用されるのであれば、毛足の長い毛布のような質感のあたたかい素材の布団カバーも作られています。

デメリット
綿素材や麻素材に比べると吸湿性が劣るのと、熱がこもりやすく敏感肌の方には合わない場合があります。
またポリエステル素材は、静電気が起きやすいので注意が必要です。

季節ごとのおすすめ素材は?

布団カバーにも季節があるの?と思われたかもしれません。
たとえば寒い季節になったら、毛布を追加しますよね。

布団カバーも季節にあったものを工夫して使用されるとより快適です。

春・夏

綿素材や麻(リネン)素材がおすすめです。
綿素材の中でも、ガーゼを使われると暑い日でも汗の吸い取りが良く快適に使用できます。
ガーゼや麻(リネン)素材は洗濯の乾きも早いので、梅雨時期などのお手入れがしやすいです。

秋・冬

綿素材やポリエステル素材がおすすめです。
綿素材は、コットン・フランネルと呼ばれる起毛のものが暖かくて肌触りがよいです。

また厚手の綿素材のものも良いでしょう。

マイクロファイバー素材と呼ばれるポリエステルを使用したものは密度がありやわらかく保温性もあり暖かいです。

サイズについて

布団カバーのサイズについてお伝えします。

掛け布団カバー
シングルサイズ  150㎝×210㎝
セミダブルサイズ 175㎝×210㎝
ダブルサイズ   190㎝×210㎝
クイーンサイズ  210㎝×210㎝
キングサイズ   230㎝×210㎝

敷布団カバー(包布式)
シングルサイズ  110㎝×210㎝
セミダブル    130㎝×210㎝
ダブルサイズ   148㎝×210㎝

カバーを購入予定であれば、サイズ、寸法を確認してから選ぶようにすると安心です。

まとめ

以上で、布団カバーの選び方をご紹介しました。
快適な睡眠を得るためには、デザインも大切ですが使用している素材も合わせて確認し自分に合った布団カバーを選ぶことが大切です。
布団カバー選びの参考になるとうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました