買ってはいけないシワ改善クリーム!効果的な使い方とは?

鏡を見るとシワが気になるときがありますね。

笑った時にできるシワ、年齢とともに増えるシワ、写真を撮った時にこんなにシワがあったなんてとがっかりすることもあります。

そんな残念なシワを毎日のお手入れでキレイにしてくれる、「シワ改善クリーム」はとても魅力的です。

ですが、スキンケアで本当にシワが改善できるの?と疑問に思う方もいますね。

シワ改善クリームは、効果が期待できるものやお悩みに合ったものを選ばなければ「買ってはいけないもの」になってしまいます。

この記事では、タイプ別シワ改善クリームの選び方・使い方などをお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

本当にシワを改善できるクリームは どれ?

シワ改善クリームはいろいろな種類があって、何を選んだらいいのか迷いますね。

一言でシワと言ってもいくつかタイプがあるので、そのタイプに合ったアイテムを使って効果的にシワを改善していきましょう!

シワのタイプは大きく分けて2つです。

  • 目元などにでる乾燥による小じわ
  • おでこやほうれい線などに深く刻まれたシワ

以前この様なシワは潤いを与え乾燥を防ぐケアが主流で、シワ改善とまではいきませんでした。

ですが、最近は厚生労働省がシワ改善効果を認めた、「薬用成分を含んだシワ改善クリーム」を使うことで効果を実感できるようになりました。

そこで、シワ改善の有効成分として日本国内で認められている3つの成分は、肌質によって上手に使うことがポイントになります。

シワ改善3つの有効成分 の特徴

シワ改善として認められている3つの有効成分をそれぞれ詳しく見ていきます。

レチノール

ビタミンAの一種で、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進するため肌を潤し、ハリや弾力をもたらして柔軟にすることでシワを改善します。

ニールワン

化粧品メーカーの「ポーラ」が生み出した独自のシワ改善有効成分で、シワの原因となる好中球エラスターゼの働きを抑制することでシワを改善します。

ナイアシンアミド

コラーゲンの生成を促して、ハリを与えることでシワを改善します。

ナイアシンに加えてメラニンの生成を抑制する成分を含むものは、シワ改善と同時にシミそばかすを予防する効果も得られます。

肌のタイプによってアイテムを使い分ける

有効成分の入ったシワ改善クリームは、使えば使うほどシワを改善してくれるわけではありません。

私も経験がありますが、自分の肌に合わない成分が含まれたものを使い続けると、肌荒れの原因になるため気をつける必要がありますね。

そのため、自分の肌質に合うアイテムを選ぶときは次のポイントをチェックしましょう。

  • 乾燥が気になる大人肌・・・比較的油分が多いクリームを選ぶ
  • ニキビや吹き出物ができやすいオイリー肌・・・保湿成分が多く油分の少ないクリームを選ぶ

また、シワ改善クリームは人によって肌に刺激となってしまう場合があるため、敏感肌の方は特に最初はごく少量を付けて皮膚の状態を観ながら使用しましょう。

直接顔に塗ることに抵抗がある場合、腕の内側でパッチテストをしてから使う方もいますよ。

タイプ別シワ改善クリーム・美容液の使い方

ここからは、有効成分を含んだ人気の高いシワ改善クリームをタイプ別にご紹介していきます。

純粋レチノールを含むスキンケア

純粋レチノールは、肌の表面にある表皮だけでなく、表面の下にある真皮からシワを改善する期待があります。

その真皮層には肌の弾力に関係するコラーゲンがありますが、純粋レチノールはコラーゲンもサポートできると言われています。

そして、肌そのものが潤いヒアルロン酸を生み出す力もサポートするため、水分を蓄えシワを改善していきます。

この純粋レチノールを含むのは、「エリクシールシュペリエルエンリッチドリンクルクリーム」です。

また、シワ改善の有効成レチノールのほかに、美白有効成分のm-トラネキサム酸が配合された「エリクシールホワイトエンリッチドリンクルクリーム」は、シワ改善とともにシミ・そばかすも予防して、肌に潤いとハリを与えてくれます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

こちらのレチノールを含むクリームは、乾燥による目元・口元やたるみによるシワを改善したい30代以降の肌のケアに適しています

ニールワンを含むスキンケア

ニールワンは日本で初めてシワを改善する成分として認められた、「ポーラ」が開発したものです。

表情や癖などによって深く刻まれたシワを改善するのはなかなか難しいもので、「好中球エラスターゼ」というものがカギになります。

好中球エラスターゼというのは、紫外線やキズなどでダメージを受けた肌の真皮を分解する働きがあり、過剰に分泌されると分解されては困るコラーゲンまで壊してしまいます!

そこに注目したのが「ポーラの開発者」で、好中球エラスターゼと結びついて、真皮成分の分解を食い止める成分「ポーラ リンクルショットメディカルセラム」(ニールワン)を開発しました。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

分解を抑えることでシワを改善するため、肌の奥深くにある真皮層に浸透して深いシワの改善に期待が持てます。

ナイアシンアミドを含むスキンケア

ナイアシンアミドは有効成分の中で、シワ改善クリームや美容液に一番多く使われています。

また、アイテムによってはメラニン生成を抑えて、シミ・そばかすを予防する効果も期待できるものがあり、レチノールよりも刺激が少ないのが特徴です。

そして、他の有効成分が含まれたシワ改善アイテムよりもお手頃価格が多いので、長く続けられると選ぶ方も増えています。

ナイアシンアミドを含む人気のクリーム・美容液は「ディセンシア リンクルO/Lコンセントレート」、「オルビス リンクルブライトセラム」などがあります。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

比較的に刺激が少ないと言われているため、シワが目立たない30代前からも予防として使用する方もいます。

まとめ

タイプ別シワ改善クリームの選び方や効果的な使い方をお伝えしました。

シワ改善を実感したい場合、肌質に合う有効成分の含まれたものを選ぶことがポイントでしたね。

また、スキンケアでシワを改善する場合、即効性はなく継続が大切なので、購入する前にはしっかりリサーチして選ぶことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました