買ってはいけないマヌカハニーの見分け方

日本でも数多くの種類が発売されているマヌカハニーですが、世界で流通している数多くのマヌカハニーが偽物であることは知っていましたか?
この事実は、マヌカハニーの生産国であるニュージーランド第一次産業省も認めており、ニュージーランドでの年間生産量が1700トンに対して、世界で流通している販売量が1万トン余りと簡単に計算したとしても約80パーセントが偽物であることがわかっています。

では、マヌカハニーは偽物が多いから買ってはいけないのか?

この記事では、買ってはいけないマヌカハニーの見分け方について、偽物を掴まされない為の選ぶ方法を解説していきたいと思います。

マヌカハニーとは


マヌカハニーとは、ニュージーランドで自生するマヌカの花から抽出されたはちみつになります。一般的なはちみつよりも抗菌力が非常に高く、古くは、先住民族であるマオリ族が樹液や葉を薬として用いていたと言われています。

なぜ買ってはいけないの?実際に起きた2つの要因

では、なぜマヌカハニーを買ってはいけないと言われているのか?実際にどの様な偽物が出回っているのか、実際に起きている2つの要因を見ていきます。

ラベルの偽装

マヌカハニーには、商品名の後に必ず数字が入っています。これは、抗菌成分の含有量に対する数値であり、この数値が高いほどより抗菌力が高く、その分、値段も高く売られています。(※「UMF20+」

「MGO100+」といった感じ※UMFやMGOはマヌカハニーに含まれる特別な抗菌成分の呼称です。)
数値が高いほど高く売れますから、そこに目を付けた多くの業者は数字の偽装に走りました。

実際に、MGO1000+と、本来なら1000mgの含有量のはずが、調べてみると200mgしか含まれていないなどの商品が散見されたといいます。また、マヌカハニーに安価なはちみつを混ぜかさ増しをした商品も流通しているようです。

加熱処理されたマヌカハニー

マヌカハニーに限らずはちみつは、水分を多く含んでいると商品として未完であり、国内においても20%以下と基準が定められています。実はこの水分を飛ばす作業は蜂が行っています。

巣に集められた蜜は蜂自らの羽によって時間をかけて水分を飛ばしていくのです。その過程で、マヌカと蜂の持つ酵素などの成分が混じり合い抗菌力をもったマヌカハニーが出来上がるのです。
ですが、偽装されたマヌカハニーは生産効率を上げる為に水分を飛ばす工程を蜂ではなく人工的な加熱処理によって飛ばしていくのです。

はちみつは、熱に弱いと言われていて、40度以上になるとその成分は壊れていきます。当然、はちみつであるマヌカハニーも同様です。
そしてまた、蜂の行う作業工程を省いていますので、当然蜂の恩恵を受けることも少なくなり、当然のように効果効能の薄れたマヌカハニーが出来上がるのです。

買って良いマヌカハニー

上記では、買ってはいけないその要因について述べましたが、ここからは、それを踏まえた上で買って良いマヌカハニーについて話していきたいと思います。

対策に乗り出したニュージーランド政府

偽装されたマヌカハニーの流通によりその信頼性が問われる中、ニュージーランドは政府主導の検査強化に乗り出します。
ニュージーランドは農業大国でもあり、マヌカハニーの信用の低下が、他の農作物への信用にも影響すると判断したとも言われています。
2018年、ニュージーランド政府(第一次産業省)は、モノフローラルマヌカ(マヌカのみ集められた蜜)とマルチフローラルマヌカ(マヌカ以外の蜜も複数含む)の科学的な定義を採用しました。

今後マヌカハニーとして販売される商品には、①3-フェニル乳酸 ②2’-メトキシアセトフェノン ③2-メトキシ安息香酸 ④4-ヒドロキシフェニル乳酸の4つの化学検査と、DNA検査の5つの属性を調べる事を義務付け、そして、この検査の認定を通っていないマヌカハニーについては、輸出を禁止する措置をとりました。

この事からも分かる通り、2018年以降ニュージーランドから輸出されるマヌカハニーは安心して購入できる形となっています。

おすすめのマヌカハニーの紹介

ここからは、マヌカハニーについておすすめの商品を紹介します。どちらとも、マヌカハニーの原点であり、信頼されている商品になります。

コンビタ社 UMFマヌカハニー

UMFであればニュージーランド国内でもシェアを誇るコンビタ社のマヌカハニーが有名です。UMFとは、ワイカト大学のピーター・ラモン博士が発見したもので、著しく抗菌力を多く含んだマヌカハニーの事をUMFと呼んでいます。

コンビタ
¥4,761 (2024/07/14 07:10時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

コンビタ社は1974年にニュージーランドで創立し、現在でも世界各地で展開しているヘルスケア製品を中心とした企業です。UMFの表記については、UMFハニー協会(UMFHA)と言われる組織機関が全権を握っており、安全品質には特に厳しい条件を課しそれにクリアした企業にのみライセンス契約を結んでいます。
契約している企業にはUNFRマークをラベルに付けるなど、消費者に対して分かりやすくなっております。

マヌカヘルス社 MGOマヌカハニー

MGOであれば、MGOを発見したドレスデン大学のトーマス・ヘンレ教授との協力関係にあるマヌカヘルス社のマヌカハニーがおすすめです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

MGOは、マヌカの独自の抗菌力であるUMFの成分が食物メチルグリオキサールであることを突き止め表記したものです。
UMF同様、その数値が高いほど抗菌力が高く、また、数値を計算する上で、UMFよりも誤差が少ないとされ、ニュージーランド政府の検査体制の強化の際、MGOを軸に規格化が進むなど非常に信頼性の高い商品となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました