買ってはいけない?芯なしトイレットペーパーってどんなもの?

トイレットペーパーは芯があるので、捨てるのが面倒だと感じている方もいるでしょう。
芯なしトイレットペーパーが気になるけれども、最後まで使えない、専用の芯棒が必要などといった理由から買ってはいけないと考える方もいるようです。

芯なしトイレットペーパーは、どのようなものなのでしょうか?

紙の芯がないトイレットペーパー

芯なしトイレットペーパーは、真ん中に紙の芯がありません。
トイレットペーパーがそのまま巻かれているだけです。

スーパーやドラッグストアではあまり見かけることはありません。
生協で売っていることもありますが、会員以外ではなかなか購入する機会はないでしょう

それ以外に、どこで販売されているかというと、メーカーメーカーサイトネットの雑貨店やドラッグストアです。

つまり、通販で入手できることが多いです。
そのため、どのようなものかあまり知られていないのかもしれないですね。

ゴミを捨てる必要なし

芯なしトイレットペーパーは、名前の通り芯が出ません。
そのため、ゴミを捨てる必要がなく、手間がかかりにくいです。

いちいちトイレから芯を捨てるのも面倒だという方にはおすすめです。

取り替える回数が少ない

芯がついているトイレットペーパーは、長くてもシングルで100mくらいの長さです。
しかし、芯なしのトイレットペーパーはシングルで130m~170mのタイプが多く、200mの長さのものもあります。

芯なしの方のが長いので、取り替える回数は少なく済みますよ。
値段も芯あり100mのものと、芯なし180mのものとでほぼ同じです。
長い方のがお得ですね。

芯なしトイレットペーパーを買ってはいけない人

メリットが多い芯なしトイレットペーパーですが、買ってはいけない人、向かない人もいるようです。
どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

真ん中が硬いのが気になる

芯なしトイレットペーパーは、芯がない分真ん中部分にいくと紙が固まってしまうことがあります。
まだ十分に巻き残りがあるので、1枚ずつはがれずにストレスを感じることもあるでしょう。

残念なことにメーカーにより、最後まではがれやすいものもあります。
この場合は、通販サイトなどのレビューを読んで判断するしかないようです。

また、巻きが長いものほど真ん中が固まりやすい傾向があるので、最初は130mくらいの短めのトイレットペーパーを購入するとよいかもしれませんね。

それか、割り切って固い部分はトイレの掃除に使ってもよいでしょう。
便座や床などをさっと吹くのに利用することもできますよ。

細い芯棒を用意しなくてはいけない

芯なしのトイレットペーパーには、専用の芯棒が必要な場合があります。
これは、穴が細くなっているタイプのトイレットペーパーですね。
細い芯棒は通販サイトで売っています。

以前は細い芯棒が主でしたが、現在は芯ありのトイレットペーパーと変わらない大きさの空間ができています。
購入する際に「細芯」と書いていないものを選ぶと、芯ありのトイレットペーパーと同じように使えますよ。

ホルダーにはめにくい

巻きが大きいトイレットペーパーの場合、トイレットペーパーホルダーに収まりが悪い場合があります。
ペーパーを引き出しても回っていかないとか、上のフラップ部分に引っ掛かって動かないとかで使いにくく感じることもあるようです。

130cm~150cmまでの芯なしのトイレットペーパーにすると、解決できる場合があります。

タブルの方が好き

芯なしトイレットペーパーは、シングルの方が種類が多いです。
以前とくらべて増えてきましたが、それでもダブルの芯なしトイレットペーパーの種類は限られるようですね。

ダブルの方が柔らかくて好みだという方は、ちょっと選択肢が狭まるかもしれません。

芯なしトイレットペーパーの業務用とは?

芯なしトイレットペーパーをお得に購入するには、業務用を購入する方法があります。
業務用はパッケージが簡素ですが、特に品質が劣るわけではありません。

業務用や訳あり品と書いている場合は、幅が狭い場合があります。
幅が狭いと、ホルダーから滑って落ちる場合もあるので、注意が必要です。

また、1個ずつばらになっているものもあります。
トイレットペーパーを包装せずに、そのままダンボールに詰めてある場合もあります。

衛生的に気になる、輸送中に雨などで濡れたら心配という場合は、包装してある物を選ぶといいでしょう。
また、ダンボールで詰められているトイレットペーパーの場合は、48個前後のように大容量で販売されています。

トイレットペーパーを置いておく十分なスペースを確保しておく必要があるので、注意が必要です。

まとめ

芯なしのトイレットペーパーにもメリットとデメリットがあります。
デメリットをクリアするのが難しい場合は、芯ありのトイレットペーパーのがよいでしょう。

しかし、お得にトイレットペーパーを購入するなら、芯なしのトイレットペーパーのほうがおすすめです。
いろいろなタイプを試してみるとよいでしょう。

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました