買ってはいけない土地、教えます


【知らなきゃ損する】買ってはいけない土地

 

マイホーム購入を検討されている方にとって土地選びは、
まず一番初めにされるステップでしょう。

どこの町の、どんな土地に、どんな家を建てたいのか?
立地、日当たり、広さ・・・膨らむ夢とイメージがある中で、
様々な条件を照らし合わせて土地を探すのが一般的かと思います。

・もしあなたが条件に合う空き地を見つけたら
・あるいはこれから土地を探す方にも

これを知った上で土地を探すことで、マイホーム購入額を抑えられる可能性があるのです。

この記事はその条件と理由について記述しています。
特に、田舎暮らしをご検討の方にはぜひ読んで頂きたい記事となっています。

その土地、水道入ってますか?

水道屋に勤めていた筆者は、土地選びの際には、ぜひこれを確認すべきであると提言させてください。
水道が入ってるかどうかで、建てた家の引き渡し時期も大きく変わる可能性もあり、
早く入居したい!とお考えの方にとっては、さらに重要度の上がるポイントと言えます。

筆者自身、水道屋で一般住宅の新築に多く関わった中で、
「ああ、この家の人、〇〇だったらもう少し安くなった上に早く引っ越しも出来ただろうに・・・」
と思ったことが何度もありました。

その〇〇については後ほどお話しします。

まずは調べてみよう

各地域にある水道局へ行くか、
その土地を所有する不動産屋さんへ行くことで、問題なくほしい情報は得られるでしょう。

「聞いてみたら、水道入ってるって言われたよ。」

と仰る方もいらっしゃるかと思います。
でもブラウザバックするのはちょっと待ってください。
次の項目を読んだあとでも遅くはありません。

そもそも「水道が入ってる」の定義には2パターンある

「水道が入ってる」と言われたとき、
おそらく一般的には
家の前まで水道管(業界では水道本管と呼びます)が入って(布設されて)いる
という状態をイメージされるのではないでしょうか。
定義のひとつとして、もちろんそれは正解です。

しかし筆者が水道屋で勤務していた際、
「水道が入っている」という言い方はしませんでした。
なぜなら、仮に上司に「この土地、調査したら水道入ってました」と報告しても
意味が通じないからです。
おそらく上司からは「入ってるってどっちの意味?」と聞かれるはずです。

定義1、水道本管が布設されている

これは先述した通り、家の前の道路下まで水道本管が来ていることを指します。

定義2、引き込み管が布設されいる

宅地造成され、水道本管から分岐した水道管が土地の敷地内まで引き込まれていることを指します。

通常は土地の整地のほか、道路の新設や建築敷地の区画割りを行って
社会基盤施設である上下水道や電気、電話、ガス関連施設を完備させる必要がある。

出典元:Wikipedia

という、この2パターンがあります。
パターンによって工事費用が大きく変わってきます。

引き込み管が入っている土地が狙い目

水道本管は来てるけれど引き込み管は入ってない場合
水道本管から宅地内への分水(ぶんすい)工事が必要です。
この工事費用、実は高額です。
水道本管から宅地への距離等の条件によってはさらに金額は上がっていきます。
そしてそのお金は、お客様負担となる場合が多く、
実際に、やむなく購入を諦めて別の土地を探す方もいらっしゃいました。

水道本管自体が来ていない場合
ほとんどの場合、水道本管は各市町村の市費で布設されますが、
筆者が住んでいる地域では、
「△△さんが土地を購入するので、水道本管入れてください」と布設の要望をしても、
「将来的に近辺に住宅が建設される可能性があるか」など様々な観点から、
布設するかどうかが決まります。
必ずしも水道本管を入れてくれるわけではないのです。

場合によっては遥か遠くの水道本管から
あなた負担での分水工事を行わなければならない可能性も・・・。

また、市費で本管が布設されることが決まっても、
実際に、道路に水道本管を入れる工事は何か月も先です。
たとえ家が完成しても、水道のない家には住めないので、
あなたの引っ越しも、その分、どんどん遅れます。

マイホーム購入において、
・早く引っ越せること
・費用を安く抑えられること
を重点的に考えていた方にとっては、これらの条件次第では「買ってはいけない土地」になってしまうのです。

お得な土地みーつけた!


もしもあなたが、これらの条件から、諦めかけているとしたら、
周囲の土地もちょっと調べてみてください。

あなたが検討していたA社所有の土地(引き込み管なし)に対して、
道路を挟んだ反対側にあるB社所有の土地は、
宅地造成工事で引き込み管のある土地かもしれません。
A社はライバルであるB社の土地をおすすめしてきてくれる可能性は低いでしょうから、
もしもあなたがちょっとの調査でそれを見つけられたとしたら儲けものです。
お得な土地に間違いありません。

まとめ

このように、引き込み管がある土地が探すことは、
より価格を抑えられる方法のひとつ
だということがお分かりいただけたでしょうか。

本記事の前半にて、記述した
「ああ、この家の人、〇〇だったらもう少し安くなった上に早く引っ越しも出来ただろうに・・・」
〇〇に入る言葉、それは
「ああ、この家の人、すぐそばのあの土地だったらもう少し安くなった上に早く引っ越しも出来ただろうに・・・」
でした。

あなたの良い土地探しの参考になれば幸いです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました