買ってはいけないウィダーインゼリー


手軽に飲んで栄養補給ができるウィダーインゼリー。

店頭でよく見かけるウィダーインゼリーですが、いつの間にかinゼリーになっている?と気付かれた方もいらっしゃると思います。

ウィダーinゼリーとして、1994年に発売され「10秒チャージ、2時間キープ!」を謳ってきましたが、2018年3月にウィダーのブランド名を外し「inゼリー」となったようです。

食欲が湧かないときや時間がないときに便利ですが、こればかりを食べて栄養が偏ることはないのでしょうか。

このブログでは、ウィダーインゼリーの栄養価と買ってはいけない理由について調べてみました。

食事代わりになる?

朝の忙しい時間にゆっくり食事を摂る暇がないときや、あまり食欲がないときにすぐに飲めます。

ですが、毎日ウィダーインゼリーばかりを食事代わりに摂るのはお勧めできません。

おにぎりを消化するのにおよそ2時間かかるのに対し、ウィダーインゼリーは45分と、摂取してもすぐに空腹になりやすく、腹持ちがよくありません。

ダイエットできる?

ウィダーインゼリーは種類が10種類以上あり、栄養素に特化したタイプ、カロリーゼロや糖質ゼロから180kcalあるものまで様々です。

ビタミンやミネラルを効率よく摂りたいときや、タンパク質補給タイプなど栄養バランスを気にされる方、スポーツによるエネルギー不足を補うタイプなどシーンによって選べます。

しかし、その中でも気になるのが甘味です。

甘味料は、糖質性甘味料と非糖質性甘味料とに分けられ、非糖質性甘味料の中でも天然甘味料と合成甘味料に分けられます。

合成甘味料は化学的に合成して作られた甘味成分で、低カロリーやカロリーゼロなどと謳われ、多くの商品に含まれる人工甘味料です。

ウィダーインゼリーに含まれる合成甘味料のアセスルファムカリウムは、食品添加物で、砂糖の約200倍の甘味を有します。

少量でも強い甘味があり、日頃から摂取すると甘味に慣れてしまい、甘いものを食べても満足感が得られず、より強い甘味を求めてしまいます。

過剰摂取により、余分なエネルギーが蓄積されて肥満になったり、糖尿病につながる恐れがあります。

同じく、ウィダーインゼリーに含まれる甘味成分が、果糖ぶどう糖液糖です。

でんぷんを原料として作るブドウ糖と果糖を混合させたもので、砂糖よりも安価のため市販の清涼飲料水や栄養ドリンクの多くに含まれ、摂取すると血糖値を急上昇させてしまいます。

血糖値のリズムが乱れると、ウィダーインゼリーだけでは満腹感が得られず、他の食事を摂ってしまうとカロリーオーバーになり、逆に太ってしまうのでダイエットには不向きと言えます。

栄養が簡単に摂れる?

いろいろな種類があるので、ウィダーインゼリーをバランスよく摂取すると栄養が摂れるかといえば、実際には足りない栄養素がたくさんあります。

まずは脂質です。成人で一日40〜60g程度の摂取が必要ですが、ウィダーインゼリーは、ほぼ脂質が配合されていません。

脂質が不足するとエネルギー不足や体力低下、皮膚や髪などにパサつきが出てきます。

またイライラしたり、ストレスを感じやすいなど脳の働きが不安定な状態になります。

次に食物繊維です。成人で一日18gの摂取が理想的とされていますが、ウィダーインゼリーだけでは全く足りません。

腸内環境が悪くなり、便秘になりやすく痔や大腸がんの原因になりかねません。

そしてタンパク質不足です。

人が一日に必要とするタンパク質は、体重1kgに対して8gと、50kgの人で40gのタンパク質が必要です。

プロテイン配合のウィダーインゼリーでも15gしか摂取できず、足りない分は他の食事で補わなければならないでしょう。

ウィダーインゼリーを効率よく摂るには

風邪による喉の痛みや発熱時、食欲がわかなかったり食事が摂れないときは、ウィダーインゼリーで手軽に栄養補給できます。

ビタミンやミネラル分が配合されているタイプが向いていますね。

そして、間食として摂ると、三度の食事で不足した栄養を簡単に補えます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

まとめ

時間がないとき、飲みたいときにすぐ飲めて、エネルギー補給や小腹が空いたときにすぐ満たせるウィダーインゼリーですが、消化吸収が早いので腹持ちがあまり良くありません。

それなら、カロリーが180カロリーと、同じぐらいのおにぎりを食べる方が、消化吸収に時間がかかるので、お腹に長く残り、血糖値の上昇も緩やかです。

そして、胃腸が弱っていたり風邪の症状による体調不良など偏った栄養不足、スポーツ時の栄養補給にはすぐにエネルギーに変換される消化の良いウィダーインゼリーが向いています。

常温でもおいしく飲めるので、防災アイテムの非常食として常備しておくのもいいかもしれません。

いずれにしても、三度の食事で不足した栄養を補う目的で、メインではなくあくまでも補助食品として活用しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。.

タイトルとURLをコピーしました