買ってはいけないマーガリン

食パンやパンケーキなどを食べる時にマーガリンを利用する方は多いのではないでしょうか?

コクがあって味わい深いバターは色々な用途に使用されますが、パンや焼き菓子に塗るには「硬くて塗りにくい!」「面倒!」と思ったことはありませんか?バターの代わりにマーガリンを利用する方は多いと思います。

手軽で私たちの身近にあるマーガリン。そんなマーガリンが実は危ない食品かもしれないというのです。

ここでは、マーガリンの危険性について考えていきたいと思います。

マーガリンは体に悪い?

動物性脂肪が多いバターに比べて、植物油脂で作られているマーガリンはコレステロール値が低いとあちこちで取り上げられていましたが、ここ何年も「トランス脂肪酸」を含んだ食品として注意喚起されています。

マーガリンはすっかり体に悪い加工油脂の代表となっているのです。

海外ではこのトランス脂肪酸を含んだ食品の販売が中止されている国が多いのですが、トランス脂肪酸を含んだマーガリンは本当に危険な食べ物なのでしょうか。

トランス脂肪酸とは?

では、トランス脂肪酸とは具体的にどんなものなのでしょうか。

トランス脂肪酸についてお話しするためには、まず「あぶら(油・脂)」って何?から始めなくてはなりません。

「あぶら」には、常温で液体の「あぶら」と固形の「あぶら」があり、液体の「油」と固形の「脂」が合わさったものを「油脂」と呼んでいます。そして「油脂」は「脂肪酸」と「グリセリン」からできています。

この脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。

マーガリンの原材料でもある植物性油脂にはこの「不飽和脂肪酸」が含まれているのですが、不飽和脂肪酸は常温では液体になる性質を持っているのです。では、なぜマーガリンが常温に戻しても固まっていられるのか不思議ですよね?

マーガリンは、液体状の植物性油脂に水素を添加することで、バターのような固形の油脂になります。ただ、この過程で体に良くないとされている「トランス脂肪酸」が発生してしまうのです。

長くなりましたが、つまりマーガリンは、「不飽和脂肪酸」を含む植物性油脂を人工的に変化させてできた食品なのです。

トランス脂肪酸は体に悪影響を及ぼすの?

マーガリンが作られる過程で発生する、このトランス脂肪酸を多く摂取すると、血液中の総コレステロールが増加することがわかっています。

しかも、増えるのは悪玉コレステロールと呼ばれている「LDLコレステロール」で、善玉コレステロールである「HDLコレステロール」はむしろ減ることもわかっているそうです。

悪玉コレステロールが私たちの体に様々な悪影響をもたらすことは、皆さんよくご存じだと思います。

血中の悪玉コレステロールが増えると、血管にコレステロールが付着し、血管が硬くなったり、詰まらせたりする原因となります。

このことからトランス脂肪酸は、高血圧や心疾患、さらにはガンのリスクをも高めるとされているのです。

安心して使えるマーガリンはないの?

海外では、トランス脂肪酸を含む製品の販売が中止されている国が多いのですが、日本ではそのような規制はありません。

私たちユーザーはお買い物の際に、食品の成分表示には普段から細かく見ていかなければいけません。

現代人は忙しい!面倒だなぁ、大変だなぁとは思います。

ですが!

ここまでお伝えしてきたトランス脂肪酸の危険性については、世界保健機関(WHO)が報告したことにより、マーガリンを始めとするトランス脂肪酸を含むとされている食品について、日本でも広く注意喚起がなされました。

日本国内のマーガリンのメーカーもこれを受けていち早く対応をされてきたのです。

今では、水素を添加しなくてもマーガリンの硬さを調整できる製造方法が開発され、バターよりもトランス脂肪酸を含む量が低いマーガリンも製造されているようです。

お買い物の際には、やはり成分表には注意して、安心安全なマーガリンを手にしていただくほうが良さそうですね。そして、摂取量には気を付けていくことが必要でしょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

まとめ

マーガリンはバターに比べて便利であつかいやすい食品です。安価であることも多いので、冷蔵庫に常にあるという方も多いと思います。我が家の場合もそうです。

お伝えした通り、トランス脂肪酸の含有量を減らすことに成功したマーガリンメーカーも最近ではあります。

便利で家計のお助け食材でもあるマーガリン。一切使わない!ということは難しいと思います。

同じマーガリンを使うにしても、トランス脂肪酸を含む量が低い製品を選んで、日常に取り入れてきましょう!

マーガリンに限らず、口にするものにどのような成分が含まれていて、どのように製造されているのか気にして生活していきたいですね。

自分を守れるのは自分だけ!ちょっとした気づきで生活が豊かになりますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました