牛乳石鹸を買ってはいけないの?敏感肌でも安心して使いたい

牛乳石鹸で代表的なものに青箱と赤箱があります。
赤箱や青箱の石鹸は、石鹸素地や牛乳の脂肪分をもとに作られ、あまり添加物が入っていないということで肌トラブルのある人でも使いやすいです。
しかし、赤箱や青箱でもつっぱり感を感じたり、匂いや成分が肌に合わなかったりする方もいるようです。
安心して牛乳石鹸を使うにはどうしたらよいのでしょうか。

青箱と赤箱 牛乳石鹸の成分

  • 赤箱…石ケン素地・香料・乳脂・スクワラン・水・ステアリン酸・酸化チタン・EDTA-4Na
  • 青箱…石ケン素地・香料・乳脂・水・ステアリン酸・酸化チタン・EDTA-4Na
赤箱には肌をしっとりさせる天然のスクワランオイルが配合され、洗顔にも体を洗うにも使えます。
青箱はさっぱりした洗い上がりで、体を洗うのに向いています。

アレルギーを起こす可能性

買ってはいけない理由の1つに、アレルギーを起こす可能性のある素材が含まれているからです。
赤箱と青箱の石鹸には、乳脂(牛乳の脂肪分)が使われています。
牛乳のアレルギーがある人が使うと、皮膚にトラブルを起こしたり、ひどくさせたりすることもあるようです。

香料が苦手

赤箱にはローズ、青箱にはジャスミンの香りが付けられています。
香料で癒やされる方はいいのですが、香りが苦手な方は鼻についてしまうこともあるでしょう。
アレルギーではないけれど、香料が嫌で使えなくなってしまう方もいます。

牛乳石鹸には無添加シリーズがある

青箱や赤箱を使っても肌トラブルに悩む場合は、どうしたらよいのでしょうか。
牛乳石鹸には、それ以外にも配慮されたカウブランド無添加シリーズがあります。

石鹸素地のみ

牛乳石鹸には他にカウブランド無添加せっけんがあります。
石鹸素地以外に添加されておらず、着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤・アルコールも無配合です。
皮膚アレルギーテスト済みで、香料が苦手な方もアルコールに過敏な方、皮膚トラブルを起こしたことのある方でも安心して使えます。
泡立ちも良くさっぱりとした洗い上がりで、使いやすかったという声が多いです。
赤箱や青箱が苦手な方は、無添加せっけんを試してみてはいかがでしょうか。

その他の無添加シリーズ

  • ボディケア…泡のハンドソープ・ボディソープ・泡のボディソープ
  • ヘアケア…(サラサラ)シャンプー・トリートメント (しっとり)シャンプー・トリートメント
  • フェイスケア…うるおい洗顔・泡の洗顔料

石鹸タイプではなく、液体や泡状のタイプです。
植物性の洗浄成分や保湿成分が使われているので、つっぱり感がなくマイルドな使用感ですね。
泡状のものは洗うときにこすって肌を傷めにくいので、乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすいですよ。
石鹸が肌に合わない場合は、こちらのような洗浄料を選んでもよいかもしれません。

その他の石鹸

牛乳石鹸には乳脂が入っていない石鹸もあります。

自然ごこち洗顔石鹸…お茶(くすみ肌解消)・海泥(毛穴肌解消)・酒粕(キメが整った肌)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

カウブランド自然派石鹸…オリーブ(かさつきを解消・しっとりなめらか)・米ぬか(すべすべつるつるな洗い上がり)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

    牛乳成分が苦手で石鹸を使いたいという方に向いています。
    肌悩みに合った石鹸を使うとよいでしょう。
    ただ、赤箱や青箱よりも添加物が多いため、肌に弱い方は注意が必要です。
    一部アルコールを含む石鹸もありますので、配合成分を確認して購入するようにしましょう。

    牛乳石鹸はシャンプーにも使える?

    全身に使えるということで、牛乳石鹸の赤箱を泡立ててシャンプーの代わりに使う方もいます。
    泡立てネットやタオルなどで、モコモコに泡立てておくと汚れが落としやすいです。
    ただ、使い方にコツがいるので、あまり肌が丈夫でない方はシャンプーとリンスを使った方がよいでしょう。

    よくすすいでも髪がきしむ乾かすとバサバサでごわつくブラシの通りが悪いといったトラブルに悩む場合があるようですね。
    頭皮はしっかり洗えても、髪の毛の仕上がりが悪いと気分もへこみます。
    すすぎ足りないと、石鹸のカスがゴワゴワの髪についてしまって取れにくいケースもあるようです。

    髪は弱酸性で、石鹸はアルカリ性です。
    中和させないとキューティクルが開き、髪がきしんでダメージの原因になるのです。
    そこで、リンスの代わりに酸性の溶液が必要となります。
    洗面器1杯分のお湯にティースプーン1杯分のクエン酸を溶かして、アルカリに傾いた髪をすすぐと良いでしょう。
    面倒であれば、石鹸シャンプー用のリンスを用意する方法もありますよ。
    コツがいりますが、髪の毛のトラブルも石鹸カスも解消できそうですね。

    まとめ

    牛乳石鹸は赤箱と青箱が知られています。
    ただ、どうしてもその2つが苦手で他の製品はないだろうかと考える人もいるかもしれません。
    無添加シリーズの石鹸や泡や液体のフォームなどを購入してみて、自分に合うものを探してみましょう。
    石鹸を無理にシャンプーに使う必要はなく、牛乳石鹸のシャンプーを使ってみるのも一案です。

    タイトルとURLをコピーしました