買ってはいけない100玉そろばん!知育に人気なのに買ってはいけないその理由とは?

買ってはいけない100玉そろばん

 

知育玩具として人気の高い100玉そろばん。

「100玉そろばんってそもそも知育にどう良いの?」

「たくさん種類があって、どれを選べば良いか分からない」

などの疑問はありませんか?

本記事を読むと、

  • 100玉そろばんを使ったこどもの知能の伸ばし方
  • 買ってはいけない100玉そろばんとは?
  • おすすめの100玉そろばんとその理由

などがわかります。

ぜひ最後までお読みください。

100玉そろばんを使えば算数が得意な子に育つ?

100玉そろばんば、算数に必要な数の量の概念がわかる様になる知育教材です。

小さい子どもは、1、2、3・・と数を数えることはすぐにできる様になりますが、数字が増えるという概念、数的感覚=数字の量(数量)を把握することは簡単ではありません。

昔からある伝統的な計算機、そろばんは、幼児には玉が小さすぎで馴染にくいもの。

なので以前は、ボールやおはじきを1つずつ数えることで数量把握を行っていました。

でも、バラバラになるので親としては片付けが面倒ですよね。

 

100玉そろばんは、玉が棒に繋がっているので、バラバラになりません。

玉の大きさが子どもに丁度よく、また目に見えて玉が増える様子がわかるので、数量把握にぴったりの教材です。

 

100玉そろばんを買うタイミングは?

100玉そろばんを購入するタイミングは、1歳頃がおすすめです。

1歳になると、小さいものを指でつまめる様になります。

そろばんを1つ1つ指でつまんで横に移動させる仕草は、脳の発達にも効果的です。

 

100玉そろばんはどうやって使う?いつまで使えるの?

100玉そろばんは、指で玉をひとつずつ弾いて動かすことで、数量を理解していきます。

1歳ごろから小学生中学年まで幅広い年齢で使うことができる教材です。

 

1歳:玉を指でつまみ、弾くことで脳の活性化につながる

2〜6歳:数字を数えながら玉を弾くことで数量把握ができる

6〜7歳:足し算、引き算を目で見て数量をイメージしながら解ける

7〜9歳:掛け算のサポートができる

いつから始めても大丈夫です。

小学生になり、算数が苦手だと分かってから急いで親が購入するケースも。

しかし、100玉そろばんを小さい頃から使うと、早く数量の理解ができ、幼児のうちに本格的なそろばんへ移行するお子さんも多いです。

100玉そろばんの種類は?

100玉そろばんには、国内のみならず海外製など多くの種類があります。

代表的なそろばんを以下にまとめました。

商品くもんの玉そろばん120七田式百玉そろばんメリッサ&ダグ(Melissa&Doug) 学研の遊びながらよくわかる 木製100だまそろばんトモエそろばん100玉そろばん【算盤】
  くもんそろばん    
玉の数120100100100100
玉の色5玉ごとに違う1列同じ色1列同じ色5玉ごとに違う5玉ごとに違う

このように、玉の数、玉の色など多数の100玉そろばんがあることがわかります。

 

買ってはいけない100玉そろばんとは?

たくさんの種類がある100玉そろばんの中で、買ってはいけないものは以下の3つがあります。

1列の玉の色が統一されているそろばん

玉の色が1列ごとに同じ色の100玉そろばんは買うのを控えましょう。

算数では、0、5、10など5個単位で区切って数字を認識すると算数を解くスピードが早まる傾向にあります。

5個ずつ色が違う玉に慣れ親しむことで、視覚的に5区切りで認識ができるようなるのです。

1列づつ違う色の方がおもちゃの可愛さがありますが、見た目に惑わされない様にしましょう。

玉の大きさが大きいそろばん

玉が大きすぎる100玉そろばんは買うのを控えましょう。

玉が小さい方が、指でつまむことで脳活性化しやすくなり、より細かい作業も早くできる様になります。

100玉しかないそろばん

100玉しかないそろばんはおすすめしません。

なぜなら、掛け算を10の段までしか数えることができないからです。

 

あなたは、インド人が世界の中でも数学能力が高いことを知っていますか?

インドでは、8歳までに掛け算を20の段まで暗記するカリキュラムがあることが要因ではないかと言われています。

つまり、掛け算をどの段まで暗記しているかが重要。

 

じつは、掛け算を9の段までしか覚えないのは日本独自の文化と言われています。

ヨーロッパ諸国で掛け算を12の段まで覚えることは普通に行われています。

掛け算を12の段まで暗記できると、今後の算数や数学を解くスピードが9の段までしか覚えてない人と比較して格段に早くなります。

120玉そろばんがあるのに、100玉そろばんを買うのは勿体無いと思いませんか?

おすすめの100玉そろばんは?

100玉そろばんを買うなら、くもんの玉そろばん120がおすすめです。

くもんそろばん

くもんの玉そろばん120は、以下の3つが揃ったそろばんです。

  • 120玉構成
  • 5玉ずつ色が異なる
  • 1つの玉のサイズが小さめ

 

また、学習用のシートが2枚、仕切りもついているので、このような学習もできます。

  • 数字を読みながら数える
  • 数字の数え方を覚える(1本、2頭、3個など)
  • 仕切りを使って2人で同時に使える

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、100玉そろばんについて以下のことをお伝えしました。

  • 100玉そろばんは、算数に必要な数量を理解するための知育教材
  • 数字を数えながら玉を動かすことで、足し算引き算を解くサポートができる
  • 100玉、同色の大きい玉で構成されたそろばんは買ってはいけない
  • 120玉構成で、5玉ずつ色が異なるそろばんがおすすめ

 

100玉そろばんの購入を迷われているあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました