買ってはいけない?新しいデニムの選び方とおすすめブランド4選

買い物に行ってデニムを選ぶとき、どうやって選んでいますか?

色や形・好きなブランドと色々あると思います。

しかし、それ以外にも別の選び方があります。

それは、デニムが作られて私たちの手元にくるまでの製造過程です。

現代ではファストファッションが主流になり、手頃な価格で服を買えることができ大量生産・大量消費が当たり前になりました。

その中でも、誰しもが持っているほど人気のデニムですが、意外とデニムが環境や人に与えている負荷はとても大きいです。

今回は、どんな問題があるのかを説明すると共に、おすすめのブランドも紹介していきます。

環境汚染

デニムは製造することによって、水質や土壌、エネルギーなどに多くの負荷を与えています。

実際に、2019年の国連貿易開発会議(UNCTAD)では、繊維・アパレルが環境汚染産業の第2位に挙げられています。

農薬問題

農薬問題は、食材などだけでなくデニムの主原料であるコットンでも問題になっています。

コットンの農地は全世界で3%ほどですが、その中で殺虫剤は全世界の16%、除草剤は7%も使用されています。

なぜこんなにも農薬を使用しているかというと、天然繊維で肌や環境に良いイメージですが、麻に比べて害虫などがつきやすいため多くの殺虫剤等を使用しています。

しかし農薬を使うことによって、めまいや吐き気、倦怠感などの健康被害に悩まされる農家が多くいます。

また、川や海に流れ出ることで水質汚染にも繋がり、人や動物の飲み水を奪っています。

資源、エネルギー問題

驚くことに、ジーンズ1本を作るためには約7500ℓの水が必要になります。

これは平均的な人が飲む水の量の7年分に相当します。

水以外にも、CO2の排出量の多さも問題とされています。

デニムに限らず1枚の服を作るのに、排出されるCO2は約25,5kgと500mlのペットボトルを255本を製造するのと同じ排出量になります。(環境省

製造過程だけでなく次に多いとされているのが、洗濯による排出です。

ライフサイクルの中で、デニム一本が排出するCO2は33,4kgあるとも言われています。

洗濯するときに、CO2の排出を考える人は少ないと思いますが湯洗いを水洗いにしたり、デニムの洗濯回数を減らすなどの少しの変化によって、排出量を少なくすることができます。

マイクロファイバーやマイクロプラスチック

洗濯をする時、目に見えないところで出ているのはCO2だけではありません。

マイクロファイバーは、繊維の細さが8マイクロナノメートルと髪の毛の100分の1の細さになり、マイクロプラスチックは、5ミリメートルの微細なプラスチックのことを言います。

どちらも洗濯の時に服から抜け落ちたりし、あまりにも微細なため下水処理をすり抜けて海へ流れ出ていきます。

1本のデニムを洗濯するたびに、56,000本もの繊維が抜け落ちる可能性があるといわれています。

これは、フリースジャケットを洗濯した時と比べて約10倍。

海へ流れ出たマイクロファイバーやマイクロプラスチックを餌と間違えて海洋生物が食べることで、死んでしまったりします。

また、その魚を私たちが食べることで私たちもマイクロプラスチックなどを食べている可能性があります。

労働環境

農薬問題でも取り上げたコットンですが、労働環境でも低賃金や児童労働が問題になっています。

コットン栽培をしている発展途上国では、大人よりも安い労働力として子供が働いています。

その中でも、女子児童の労働者が多いです。

なぜなら発展途上国での女性は、教育の必要性への認識不足から親の借金を返すためや生活していくために、学校に通えずに働きに出ています。

栽培するのに農薬も大量に使っているので、健康を害してしまう子やそのまま亡くなってしまう子もいるのです。

オーガニックコットン

環境汚染や労働環境を少しでも改善していくために、オーガニックコットンという選択肢があります。

オーガニックコットンとは、厳しい基準をクリアした有機農法で栽培された棉のことをいいます。

オーガニックの基準

  • 約3年以上、化学農薬や殺虫剤、除草剤などの有害な化学合成薬剤を使っていない土壌であること
  • 栽培するときに、化学薬品の使用による健康負荷・環境負荷を最小限に抑えていること
  • 遺伝子組み換えなどの種子を使用ていないこと
  • 土づくりから農産物の出荷まで、他のものと混合しないようにしていること

などがあります。

オーガニックコットンだからといって、コットンと使用感などの差はあまりありません。

そのため、オーガニックコットンは高いと感じる人もいると思いますが、作ったものに対する正当な取引(フェアトレード)をすることで低賃金や児童労働などの問題を解決していく手助けになります。

こういった取り組みをしている原材料を使ったデニムを買うことで、目に見えないところで環境や人に優しい活動に貢献することができます。

オーガニックコットンのデニムブランド

オーガニックコットンのデニムを買おうとしても、店舗やネットで確認していたら大変ですよね。

今回は、オーガニックコットンを使っているおすすめブランドを4つ紹介します。

people tree×Leeのコラボデニム

フェアトレード&オーガニック製品で有名なpeople treeと、人気の老舗ブランドLeeのコラボ商品です。

Leeで販売しているデニムでは、オーガニックコットンを20%使用し環境負荷の低い脱色加工、水の使用を減らすドライ・ウォッシュ技術を利用し環境への配慮をしています

着用した感じや合わせるアイテムなどの例も載っているので、実際に見にいけなくても探しやすそうです。

Leeコラボレーション・オーガニックコットンデニム 新アイテム発売|オーガニックコットン通販 エシカルファッション フェアトレード・チョコレート、販売サイトピープルツリー
Leeコラボレーション・オーガニックコットンデニム 新アイテム発売

Nudie jeans

Nudie Jeansは、スウェーデン発祥のブランドです。

デニム生地にオーガニックやフェアトレードだけでなくリサイクルのコットンを使用

デニムの無料リペアも行なっているので、長く履き続けることができます。

また、再生可能エネルギーを使用するなど、持続可能なデニムブランドを作り上げることをモットーに掲げて活動しています。

Nudie Jeans® | 100% Organic Denim
Visit the official Nudie Jeans® Online Shop for the full Nudie Jeans Collection. Jeans, jackets & clothing. A high-quality product made in a fair way.

Levi’s

有名ブランドであるLevi’sもサステナブルな取り組みに力を入れています。

2011年に水を効率よく使おうと取り組みでWater<less製法を導入し、2020年までの間で約130億リットルの節水に成功しました。

2020年には使用するコットンの83%が、オーガニックコットンやリサイクルコットンなどを利用しています。

また、輸送方法の変更や製造施設のエネルギー効率が良くなるよう仕組みを変更していってます。

Nudie Jeans同様リペアはもちろん、Levi’s製品なら財布やバッグ、クッションカバーなどへ生まれ変わって使い続けることができます。

デニム&ジーンズ通販ならLEVI'Sリーバイス
デニム&ジーンズならLEVI'Sリーバイス®公式通販オンラインショップ。新規登録会員に1,000円クーポン配布中!ウェルカムクーポンジーンズの原点501®、WEB限定ジーンズ、復刻版ビンテージデニム、レディースのハイライズスキニー、キッズ子供用デニムなど豊富な品揃え。裾上げ(シングルステッチ)無料、11,000円以上で...

無印良品

シンプルなデザイン、手頃な価格で品質の高い無印良品にもオーガニックコットンを使用したデニムがあります。

手間や電力が多くかかるユーズド加工をやめ、色によっては染色回数を減らすことでウォッシュ加工に使用する水の削減にも取り組んでいます。

デニムの価格も手頃なため、初めの一本として購入しやすいのではないでしょうか。

not found | 無印良品

まとめ

デニム一本にしても、これだけの問題があることがわかります。

安かったから、デザインが好みだったからよりも、どういうふうに製造されたかなどのバックストーリーを知ることで、より大切に愛着を持って使用できるのではないでしょうか。

また、一番簡単に取り組めることは今持っているデニムを少しでも長く履き続ける事です。

履かなくなってしまっても、捨てるのではなく古着として売ったり譲ることも1つの方法としてあります。

次に新しいデニムを買うときは、この記事の内容も参考にして選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました