練乳は買ってはいけない!その理由とは?

かき氷やフルーツなどにかけると美味しい「練乳」。

とくに冬はイチゴにかける方も多いのではないでしょうか。

トーストなどにかけると甘みを足すこともできます。

ただ、美味しく便利な練乳ですが「健康を害する可能性がある」と噂があります。

今回は、練乳の原材料や含まれている栄養素・買ってはいけない理由をまとめたので、興味がある方は最後までご覧ください。

練乳は何でできている?

そもそも練乳は何でできているかご存じでしょうか。

まず練乳の原材料と含まれている栄養素をご紹介します。

練乳の原材料

「乳と入っているので牛乳と、甘いから砂糖が入っているのかな」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

練乳の主な原材料は牛乳で、砂糖を加えたものと加えていないものの2種類に分けられます。

牛乳を煮詰めて、砂糖を加えたものを練乳(加糖練乳)といいます。

一般的によく使われるもので、別名が「コンデンスミルク」。

牛乳を煮詰めて、砂糖を加えないものは無糖練乳といいます。

つまり、牛乳のみで作られたものと、牛乳と砂糖で作られたものがあるのです。

食品添加物は含まれていません。

練乳に含まれている栄養素

練乳には様々な栄養素が含まれています。

具体的には、下記の通りです。

  • カルシウム
    カルシウムは、骨や歯の主成分のリン酸化カルシウムの材料であり、人間の体内の筋肉や臓器の収縮に関わるミネラルです。
    また神経伝達の正常化にも大きな影響をあたえ、酵素の働きをサポートします。
    それ以外にも、血液凝固やホルモンの分泌など、様々な働きをしています。
  • たんぱく質
    たんぱく質は、様々な臓器や組織の材料になります。
    とくに筋肉の材料として使用されます。
  • 脂質
    脂質は、体を動かすエネルギー源です。
    またホルモンを作って臓器を守ったり、体温を保つ働きがあります。
  • パントテン酸
    パントテン酸は、体の中で副腎皮質ホルモンの合成に関わります。
    またストレス耐性の効果も上げるビタミンです。
  • ビタミンB2
    ビタミンB2は、体の中で特定の分子が結びつくことで代謝の働きをします。
    三大エネルギー(糖質・脂質・たんぱく質)の分解をしたり、体の中の活性酸素の除去作用も持っています。

練乳を買ってはいけない理由まとめ

食品添加物が入っておらず、様々な栄養素が含まれている練乳ですが、なぜ買ってはいけないのでしょうか。

理由を3つご紹介します。

高カロリー・高糖質が高い

まず練乳は、高カロリー・高糖質です。

練乳と他の甘味料との比較は下記の通りです。

 カロリー糖質
練乳 100グラム331キロカロリー56グラム
練乳 おおさじ1杯66キロカロリー11グラム
上白糖 おおさじ1杯34キロカロリー8グラム
はちみつ おおさじ1杯61キロカロリー16グラム
メープルシロップ おおさじ1杯48キロカロリー12グラム

他の甘味料と比較しカロリーはもっとも高くなっています。

そのためとり過ぎると太るのはもちろん、糖尿病や生活習慣病などの原因になる可能性があります。

また老化促進・肌荒れ・下痢や腹痛・腎機能悪化・肝機能悪化など、様々な悪影響があります。

GI値が高い

食後の血糖値上昇スピードを示す数値である「GI値」も82で、かなり高い数値になっています。

他の甘味料との比較は下記の通りです。

甘味料GI値
練乳82
上白糖99
はちみつ75
メープルシロップ73

GI値が高いと、血糖値が急上昇しインスリンが多く分泌されます。

それにより、脂肪が蓄積しやすくなるため太る原因となります

また、ホルモンバランスの乱れや肌荒れなどの悪影響もあります。

中毒性がある

「練乳中毒」という言葉を聞いたことはありますか。

「練乳が好きすぎてやめられない」方を指す言葉です。

練乳の甘みには中毒性があり、中にはチューブに直接口をつけて食べてしまう方もいるんだとか。

とり過ぎると太ったり病気になる可能性もあり、またチューブに直接口をつけると、口の中の細菌がチューブ内で繁殖し腐る原因になります。

体によい練乳を紹介

練乳を買ってはいけない理由を紹介しましたが、「それでも練乳を使いたい」という方もいると思います。

そのため、体によい練乳をご紹介します。

無糖練乳

まず無糖練乳があげられます

無糖練乳であれば、カロリーや糖質も半分以下。

練乳(加藤練乳)との比較は下記の通りです。

 100グラム大さじ1杯
カロリー糖質カロリー糖質
加糖練乳331キロカロリー56グラム66キロカロリー11グラム
無糖練乳144キロカロリー11.2グラム29キロカロリー2.2グラム
エバミルク

具体的には「エバミルク」があげられます。

エバミルクは、牛乳に砂糖を入れずに加熱殺菌して煮詰めたもの。

牛乳の自然な甘みのみで、低カロリー・低糖質の練乳です。

そのため安心して使うことができます。
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

自分で作る

「自分で練乳をつくる」という方法もあります。

練乳の作り方は非常に簡単

練乳の作り方
【材料】
  • 牛乳 1リットル
  • 砂糖 200グラム
【作り方】
  1. 牛乳と砂糖を鍋に入れ中火で加熱・沸騰させ、様子を見ながらかき混ぜる
  2. しばらくしたら、少し火力を下げ煮詰める
  3. 最初の半分程度の量まで煮詰めたら火を止め、氷水で冷やす
    ※もしダマやマクなどができていたら、茶こしなどでこす

自分で練乳を作る場合は、砂糖の量を調整できるので、健康を気にしながら作ることができます。

まとめ:練乳のとりすぎには注意しよう!

今回は、練乳の原材料・含まれている栄養素や買ってはいけない理由をまとめました。

練乳は、高カロリー・高糖質でとり過ぎると太ったり病気の原因になります

また中毒性も

美味しい練乳ですが、とりすぎに注意をするか無糖練乳に変える・自分で作るなどの工夫をするのはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました