敏感肌が買ってはいけないファンデーションとは?

あなたは普段どのようにファンデーションを選んでいますか?

値段やカバー力など選ぶ基準は様々あるかと思いますが、敏感肌の方はそれ以外にも選ぶ際に注意する点がいくつかあります。

この記事では、敏感肌の方は避けるべきファンデーションの種類と敏感肌の方におすすめのファンデーションについてご説明していきます。

敏感肌の方はぜひ、ファンデーション選びの参考にしてみて下さい。

敏感肌とは?

「敏感肌」という単語はよく耳にするかと思いますが、では敏感肌とはどういった状態の肌のことを言うのでしょうか。

敏感肌とは、通常の肌のバリア機能が低下し、皮脂が少なくなることで乾燥している状態の肌のことを指します。肌が乾燥している状態ですと、外からの刺激に弱くなり肌荒れが起こりやすくなります。

敏感肌の他にも、肌トラブルが起きやすい状態の肌の種類として、季節の変わり目や睡眠不足などによって一時的に肌トラブルが起きやすくなっている状態である「不安定肌」、アトピー性皮膚炎などが原因で湿疹や赤みが出ている状態である「疾患肌」などがあります。それぞれ敏感肌と同様に肌荒れが起きやすくなっている状態の肌ですが、対処方法は異なりますので、まずは自分の肌がどのような状態の肌であるかを把握する必要があります。

特に、アトピー性皮膚炎などアレルギーが原因で肌荒れをしている「疾患肌」の場合は、皮膚科を受診し正しい治療を受けましょう

敏感肌のファンデーション選びの悩み

敏感肌の方は、

  • せっかくきれいに塗ったのにファンデーションがひび割れしてしまう
  • ファンデーションを塗ると肌がぴりぴりしてしまう

といった経験をしたことはありませんか?

この「ひび割れ」「肌荒れ」はどのような仕組みで起きるのでしょうか。また、そうならないようにはどうすればよいのでしょうか。次の段落でその仕組みと対策について説明していこうと思います。

ひび割れ対策

ファンデーションがひび割れしたように崩れてしまう時の対処法としては、

  • 下地やファンデーションに保湿成分が含まれているものを使用する
  • 適切な量を使用する

という方法が挙げられます。

先程も述べたように、敏感肌の方は肌が乾燥している状態ですので、カサカサしていたり固くなっている状態の肌にファンデーションを乗せても、ファンデーションが肌になじまずに崩れてしまいます。そのため、ファンデーションを乗せる前の下地に保湿成分のあるものを使用するか、ファンデーション自体に保湿成分があるものを使用することで、スキンケアで補った水分を逃がすことなく肌にうるおいを保ちファンデーションをきれいに塗ることができます。

また、ファンデーションがよれる原因として、使用量が多すぎたり少なすぎたりする場合があります。粗を隠したいからといって、たくさん塗りすぎないようにしましょう。

肌荒れ対策

ファンデーションを塗ると肌荒れがしてしまう際の対処法としては、

  • 肌荒れしそうな成分を避ける
  • パフやブラシを清潔に保つ

という方法が挙げられます。

ファンデーションには、肌をきれいに見せるために様々な成分が含まれていますが、中には肌に刺激となる成分が含まれている場合があります。詳しくは次の段落で説明しますが、肌荒れが気になる方は「アレルギーテスト済」「パッチテスト済」といった表記や、ニキビのもと(コメド)ができないことが確認されたことを証明する「ノンコメドジェニックテスト済」表記のある肌に優しい成分で作られた商品を選ぶとよいでしょう。

また、ファンデーションを塗る際に使用するパフやブラシには、顔についている皮脂や机などについたホコリが付着しています。使用後にそのままにしていると、肌荒れの原因となりますので、使用後には必ず洗って清潔を保つようにしましょう。

敏感肌が買ってはいけないファンデーションとは

先程の段落でファンデーションの成分に注意するよう述べましたが、ここでは具体的にどのような成分が刺激となりやすいかを紹介していきます。

紫外線吸収剤入り

多くのファンデーションには日焼け止め成分が入っていますが、日焼け止め成分には「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し熱や赤外線などに変えて放出する成分です。紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させる成分です。紫外線吸収剤の方が日焼け止め効果が高い分、肌への負担は大きくなっています。そのため、敏感肌の方は「紫外線吸収剤」が使用されている商品は避けた方がよいでしょう。ただし、金属アレルギーを持っている方の中には、紫外線散乱剤として使用されている酸化亜鉛という成分が刺激になってしまう場合もありますので、金属アレルギーの方は酸化亜鉛にも注意しましょう。

アルコール(エタノール)

アルコールには殺菌効果があることに加え、さっぱりとした使用感にするために化粧品には使用されることが多いです。しかし、アルコールには揮発性があるため、肌の水分を蒸発させてしまうため敏感肌の方にはよくない成分と言えるでしょう。

タール色素

タール色素とは、化粧品の色をよくすることで視覚的な印象をアップさせるために配合されています。化粧品の中ではアイシャドウやチーク、口紅などによく使用されていますが、ファンデーションにもコントロールカラー効果のある商品には使用されている場合があります。タール色素は、厚生労働省が使用を認可している成分であり、化粧品には安全の範囲内で配合はされていますが、アレルギーを起こすリスクは多少なりともありますので、敏感肌の方は避けた方がよいでしょう。

おすすめのファンデーション

ここからは、敏感肌の方におすすめのファンデーションをいくつかご紹介したいと思います。

NARS ライトリフレクティング ファンデーション

マスク生活でもとれにくいとして人気となったこちらの商品ですが、アルコール無配合であり、ノンコメドジェニック・アレルギーテスト済となっています。スキンケア成分も約70%配合してあるそうで、敏感肌の方でも使用できるファンデーションとなっています。筆者も使用したことがありますが、密着感が高くカバー力もありますし、こちらのブランドのルースパウダーも併用して使用するとより崩れにくくなりおすすめです。

NARS JAPAN(ナーズ ジャパン)
¥7,980 (2024/02/19 07:13時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

THREE コンプリートハーモニーファンデーション

THREEはオーガニックや国産原料にこだわったブランドとして有名です。こちらの商品は、紫外線吸収剤フリー・合成香料不使用・有機色素不使用となっており、非常に低刺激な成分で作られています。着け心地は軽く、とても薄付きなので濃いメイクが苦手な方にとてもおすすめできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

敏感肌の方は自分に合うコスメを見つけるのは大変かと思いますが、ぜひ成分表をよく見て肌にやさしいファンデーションを見つけてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました