【注意】マグネットボールを買ってはいけない理由とは?人気マグネットおもちゃを比較!

子供におもちゃを与えるときには、誤飲による窒息はよく警戒されますよね。
しかし、窒息以外にも誤飲による危険があるのはご存じでしょうか。

マグネットボールは、強力なたくさんのマグネット同志が磁力でくっつき、形を変えて遊ぶおもちゃです。

乳幼児がこのマグネットボールを飲み込み、胃や腸の中にとどまりながら、さらに胃や腸の壁を挟んだ状態で磁石がくっついてしまう事故が国内外で多発しているそうです。
腹痛・吐き気を催したり、腸管に穴が空いたり、開腹手術が必要となる大きな事故です。
恐ろしいことですが、最悪の場合、生死にもかかわります。

マグネットおもちゃの誤飲事故事例

家にはマグネットボールは無いから大丈夫?と思いきや、我が家のおもちゃ箱にもある、あの商品の類似品でも同様の事故が起きていたのです。

マグネットパズルと呼ばれる、四角形や三角形などのプラスチックパーツの中に磁石を内蔵して、パーツ同志をくっつけてさまざまな形を作るおもちゃ。
様々なメーカーで売られているのを目にしますよね。
有名な販売元のものではない、類似品での事故だったようです。

表面のプラスチックパーツが破損し、中の磁石がでてきて、マグネットボールと同様の事故が起きたとのことでした。

親や周囲の大人の立場としては、「子供が楽しく遊んでくれたらいいな」と願っておもちゃを買い与えるわけですよね。
それが、まさか子供の怪我につながってしまうなんて、思ってもいないはずです。

マグネットに限らず、使い方や製品の劣化などにより、常に万全なおもちゃというのはないのかもしれません。
しかし、マグネットボールのように最初からマグネットむき出しのおもちゃを買い与えるのはとても危険です。

また、安全性が十分に確認できていない(場合によっては虚偽表示している)類似品にも注意してくださいね。

ネット通販や100均などで売られているような、あまりに低価格すぎる類似品のおもちゃは、壊れやすい可能性がありますよ。

マグネットおもちゃの人気商品は?3種の口コミを比較してみた

紹介するマグネットパズルは、人気もあり信頼性の高いものです。少しお値段が張るのですが、安全性には十分に配慮されています。
実際に使った感想は気になりますよね!

人気のマグネットパズル3種について、SNSでの評判を見てみました。

BorneLund(ボーネルンド)社「マグフォーマー」【対象年齢:3歳頃~】

ベーシック・クリエーティブ・イマジネーションとレベルに分けたシリーズを展開しています。
形・色の認識、平面の形づくり、そして立体づくり、さらにはそこから始まるごっこ遊び。
一つのおもちゃで、子供の成長に合わせた遊び方はできるのは魅力的ですよね!
たとえリビングに置きっぱなしでもオシャレですし、とてもよくできたおもちゃだと思います。
口コミでも、知育面での評価が高いものが目立ちました。

  • (子供が)マグフォーマーで立方体作っててびっくり!
  • かなり頭使います、大人も夢中。
  • 今の子はこれで展開図勉強できる。
  • “パパホイホイ”(パパが夢中に)

KitWell(キットウェル)社「マグビルド」【対象年齢:3歳頃~】

こちらも人気上昇中!スロープセットのついたシリーズもあり、遊びの幅が広がりそうですよね。
定番のボーネルンドのマグフォーマーと違う所は、面がカラフルなスケルトンになっているから、まるでステンドグラスのように綺麗です。
写真映えするから、SNSで話題になるのもうなずけます。
こちらも、遊び方の決まった形はなく、長く遊べるおもちゃだと思いました。

  • 子供も大人も楽しめるオススメ玩具
  • 視覚的にもキラキラで可愛いので毎日遊んでる(親が)
  • 割とみんなで長く遊べる

People(ピープル)社「ピタゴラス」【対象年齢:1歳~】

PicassoTiles
¥16,514 (2024/04/21 15:19時点 | Amazon調べ)

30年以上前(発売は1992年)からあり、マグネットパズルの重鎮ともいえる存在ではないでしょうか?
こちらのみ、対象年齢が1歳からOKなので、早い内からでも安心して触らせることができますよね。
動物や恐竜、車シリーズに、ボールコースターなどのシリーズもあり、子供の興味に応じた組み合わせで遊べるのが良いと思いました!

  • 月齢に合わせてどんどん増やしていける
  • 駅を作ってプラレールと遊んだり恐竜のお家!と言っておままごとっぽく遊んだりと幅広く遊べる
  • パーツが多いからアレンジが楽しい
  • 豊富だから、その子の興味に合わせて遊べる

マグネットおもちゃの誤飲・事故を防ぐために

一番に重要なのは、類似品・粗悪品など安全性に欠けるおもちゃを買わないことです。

人気のマグネットパズル3種を製造・販売している会社に関しては誤飲事故を防ぐため、構造上の工夫や対策を行っているようです。
しかし、安全に遊ぶためには、消費者である私たちもメーカー側が表示している注意と警告を全てよく確認するようにしましょう!

以下は全て、破損や変形につながる恐れがあるNG行為ですよ。
また、割れたり壊れて磁石が出てきてしまったものは、潔く捨てた方が良さそうですね。

  • 高温になる場所に置く
  • 用途とは異なる遊び方をする
  • 溶液で拭いたり浸して消毒する

特に、小さい子供は何をするか予測がつきません。
上記以外にも、危険な使い方をしないよう、私たち大人が見守りましょう!

今回の記事が、安全で安心なおもちゃ選びの一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました