デメリット知らずして買ってはいけない布団圧縮袋

季節によって入れ替える布団。布団を収納するには大きなスペースが必要ですが、布団を薄くすることで同じ収納スペースにたくさんの量を収納することを可能にしてくれる布団圧縮袋

収納の大きな味方ですが、デメリットもあり、間違った使い方をすると手間が増えてしまいます。

今回は布団圧縮袋についてお伝えしたいと思います。

布団圧縮袋のメリット

・収納スペースの有効活用

・清潔な状態で保存できること

・衣類にも使える

ひとつずつ見ていきます。

収納スペースの有効活用

厚みが薄くなるので通常時よりもぐんと収納量が増えます。

布団をたくさんまとめて収納するのもいいですし、空いたスペースは他の物を入れたり、空間を有効に活用できます。

清潔な状態で保存できること

そのまま保管していると部屋の中のほこりなどが布団についてしまいますが、布団圧縮袋で完全に覆われているので布団を空気中のほこりやゴミから守ってくれます。

布団以外にも使える

入れるものは自由なので布団だけでなく、衣類、座布団などにも使えます。

冬物の衣類はコートやセーターなど厚みのあるものが多いので、使わない季節は圧縮して保管出来たら助かりますね。

衣類に特化したい場合は衣類用のサイズも販売されています。

布団圧縮袋のデメリット

・布団が元ほどふくらまない

・圧縮しすぎは布団をいためてしまう

・空気漏れがある

・カビが発生しやすい

・繰り返し使うと破れる

一つずつ見ていきましょう。

布団が元ほどはふくらまない

圧縮する程度によっては布団の中綿などの繊維をつぶしてしまうので、再び使うときに元のようにふわふわに戻らなくなることがあります。

圧縮しすぎは布団をいためる

先ほどと同じ理由ですが、特に羽毛布団は要注意です。

羽毛が折れて傷んでしまい、羽毛布団ならではの肌触りや質感が損なわれてしまう可能性があります。

羽毛布団の場合は専用のものを使うのが良いでしょう。

空気漏れがある

気づかない程度に小さく穴が開いていたり傷があると圧縮してすぐは薄くなっているのですが時間がたつにつれて膨らんできます。

カビが発生しやすい

密閉する前の布団が清潔な状態でなければ圧縮袋の中でカビや雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

繰り返し使うと破れる

圧縮を繰り返すと袋のフィルムに負担がかかり、破れやすくなります。

布団圧縮袋をつかうときに気を付けたいこと

乾燥させてから入れる

布団圧縮袋にいれるときに布団を清潔な状態にしておくことが重要です。

天日干しをしてから、または布団乾燥機を使って湿気をとばして乾燥させ、ごみは取り除いておきましょう。

圧縮をしすぎない

圧縮しすぎると布団圧縮袋のフィルムへの負担が大きくなって破れやすくなります。布団の3割程度の圧縮がよいでしょう。

布団を入れすぎないこと

布団は膨らもうとするのでたくさん入れると途中で破れてしまうこともあります。

入れすぎると重くなり、運ぶのも大変です。

ファスナーは使う前に拭いておく

ファスナー部分にごみやよごれがあると密閉できないので、ファスナーはふいておくのが良いでしょう。

そのあとは乾かしておきます。

ぬれたままだとカビやダニが繁殖する恐れがあります。

圧縮する前の下準備が大事ですね。

布団圧縮袋タイプ別紹介

一口に布団圧縮袋といっても種類がいろいろあります。

手間やコスト、機能性など自分に合うものは使いやすいでしょう。

布団圧縮袋というと掃除機を使うものが多いです。

ざっくり分けてバルブ式ファスナー式があります。

バルブ式は圧縮袋についているバルブに掃除機を押し当てて吸引します。

ファスナー式はファスナーから掃除機を直接差し込みます。ファスナー式はバルブ式より低価格で買いやすいですが、掃除機を抜いた時に空気が入りやすいので少し慣れが必要です。

バルブ式は「逆流防止弁つき」、ファスナー式は「2重ファスナー」「スライダーつき」が密閉状態を長く続けられるポイントです。

掃除機を使用するタイプを使うときは、海外製やスティック型掃除機など対応していない掃除機もあるので掃除機とバルブのサイズが合うか確認しておくと安心です。

一方、掃除機も何にもいらない布団圧縮袋もあります。わざわざ掃除機を出すのは…と感じる方にはおすすめです。

手で押すファスナー式は圧縮袋と圧縮したいものだけあれば体重や力を掛けるだけで手軽に圧縮することができます。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

掃除機のいらない布団圧縮袋には専用の空気抜きの道具を使って圧縮するものもあります。

普段、ロボット型掃除機やスティック型掃除機をお使いの方はこちらが便利だと思います。布団圧縮袋のバルブが自宅の掃除機と合わない、という方にもおすすめです。

【バルブ式吸引ポンプ】https://item.rakuten.co.jp/murphyshop/q-pon/

オリエント(Orient)
¥2,927 (2024/02/17 20:42時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

布団圧縮袋の価格帯も様々です。

ホームセンターやインターネットでも多くの種類が販売されていますし、セリアやダイソーなど100円均一でも販売しているので気軽に購入できます。

100円で買えるなら買い替えが毎年でもお財布に優しいですね。

まとめ

清潔なまま布団を守ってくれてスペースの収納力を格段に上げてくれる布団圧縮袋。

使い方を間違えてしまうと、収納スペースをとるだけでなく大切な布団を痛めてしまいます。

正しく使えば収納の強い味方ですので布団圧縮袋を上手に使っておうちの整理に役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました