買っては(飼って)はいけない猫。驚きの10の真実

ペットを飼いいと考えるご家庭も多いのではないでしょうか?
ペットを飼う時にはまず、犬もしくは猫をまずは思い浮かべますよね。
今回は猫にフォーカスを当てて、猫を飼ってはいけない10の真実をお伝えします。

1 お金がかかる。

まずは当たり前の事ですが、猫を飼うとお金がかかります。
初期費用は、ケージ代、トイレグッズ、餌代、食事飲料用食器などで、10万円~20万円ほどになります。
その他平均でかかるお金が月7000円前後。   なかなかのお値段ですよね。
猫を保護した場合でも、それなりに用意しなければいけないのでお金に余裕がないと猫を飼うことは難しいということがわかります。

家がボロボロになる。


猫は爪とぎが大好きです。そして犬よりも人間の言葉がわからない動物と言われているので(わかっていてあえてやっているという説もあります。)とにかく好き放題します。
壁紙、カーテンはボロボロになり、ソファー、カーペットのファブリック類では爪を研がれます。
和室には、畳、ふすまと猫の大好きなものが揃っているので、猫を和室には絶対に入れないほうがいいでしょう。
そして、そのボロボロにされた家の中の修復にまたお金がかかります。

わがまま度がすごい。

猫はわがままで気まぐれな生き物というのは皆さんご存じですよね。
置いておいた餌を食べてくれない。 呼んでも来ない、忙しい時に限って甘えてくる。 なんていうのは有名な話です。 よほどのMの方しか我慢できないかもしれません。

うるさい

ねこは、犬のように吠えたりはしないのですが、発情期に夜通し鳴くことがあります。
特にメス猫が、自分の居場所をオス猫に知らせようと泣くそうです。
普段とは全く違ううなり声にも似た鳴き声なので、はじめて経験する人はびっくりするかもしれません。

彼氏ができない。


一人暮らしの独身女性が、話し相手に、心の癒しを求めるために、猫を飼い始めるパターンはよくあります。
猫を飼い始めてしまうと、彼氏ができるチャンスが驚くほど減ります。
なぜなら、出会いのきっかけとなる友人との食事や飲み会に行きたくなくなるからです。
家に帰ればかわいい猫がお腹を空かして待っているので、さっさと家に帰りたくなってしまうのです。
その結果出会いのチャンスも失っています。
さらに前述したとおり、猫は家をボロボロにします。
壁紙に爪を立て、カーテンを引き裂き、猫砂はそこら中に飛び散ります。
そのため常に掃除、家のメンテナンスが必要です。
急な来客などもってのほかです。 そのため彼氏を気軽に家に呼ぶこともできません。

仕事や趣味に集中できない。


猫は気まぐれで、基本的に一人で好きな事する生き物です。
ですが、わがままなので自分以外のことでご主人様が没頭していると思うと、構ってほしいがためにちょっかいを出してきます。
テレビを見ているときは、テレビの前に居座り視界をふさぎ、本を読めば、本の上に載ってきます。
パソコンで事務作業をすれば、キーボードの上に寝転がるのは当たり前。
ヨガをすればヨガマットで爪とぎをはじめます。
やりたいことは絶対に中断させるのが猫なのです。
ご自身の生活を邪魔されたくないのであれば、猫は買っては(飼っては)いけません。

旅行に行けない。

猫は一人で好きに生活するタイプの生き物ですが、それでもお世話は必要です。
よく猫だから大丈夫と、餌、お水をたくさん置いて旅行に行く人もいますが、絶対にダメです。
なにかの拍子に水をこぼすかもしれませんし、餌も3日も置いておくとバクテリアが繁殖します。
トイレも三日分の綺麗なトイレを用意するのは難しいですよね。
猫を飼ってしまったら、毎日様子を見に来てくれる人がいない限り旅行には行けません。
その覚悟がないのであれば、ねこを飼ってはいけないのです。

猫アレルギーの重大性。

重大な問題の一つに、猫アレルギーがあります。
猫アレルギーは5人に一人は持っているといわれており、現代人にとって身近なアレルギーです。
猫アレルギーの原因となるアレルゲンは、猫のフケ、毛、おしっこや唾液に含まれていて、空気中にも浮遊します。
そのため、猫に直接触れていなくても、目のかゆみやくしゃみが起きる事があります。
重篤な場合はアナフィラキシーショックにより、息苦しくなったりする場合もあるのでご自身が猫アレルギーかどうかは注意深く確認する必要があります。

妊娠中に猫を飼うのは絶対にだめ。

人間の健康に関わる大きな問題に、妊娠中のトキソプラズマ症への感染があります。
トキソプラズマは、人間を含めたほぼすべての哺乳類にに対して感染することがわかっています。
健康な人は感染しても症状が現れませんが、妊娠中に妊婦さんがはじめてトキソプラズマ症にかかってしまうと、胎盤を通して胎児に10%~70%の確立で感染します。
※妊娠前にすでに感染済みで抗体を持っていれば胎児には感染しません。
初期であればあるほど重症度は高く、胎児が流産や死産してしまう事があります。
また、無事に産まれてきた場合でも、運動機能や、脳、目の重大な病気を発症することがあります。
そんな怖いトキソプラズマ症の原因の一つに猫の排泄物があります。
そのため、猫を飼う時にはタイミングについて十分に気を付けなければいけません。

買ってはいけない猫。買わずに飼う方法

猫はとても可愛いです。
そのため、お金をかけても、家をボロボロになっても、彼氏が出来なくても、旅行に行けなくても、それでもいいから猫を飼いたいという方もいるのはないでしょうか?
その場合は、猫を飼わずに里親に立候補しましょう。
現在年間でも約3万頭のねこが殺処分されています。一日約100頭の猫が殺処分されている計算になります。
猫を飼ってはいけない理由を知ってもまだ飼いたいとおもったのなら、ぜひ猫の里親になることも考えてみてくださいね。

買っては(飼って)いけない猫まとめ


いかがでしょうか?筆者も猫を飼った(保護)経験がありますが、やはり可愛く癒してくれる最高のパートナーです。
ただ、やはり生き物である以上簡単な決意では飼えません。
猫を飼いたいと思ったら、その後の猫と一緒の生活パターンも考えてから決断してくださいね。

著:、, 監修:山本宗伸
¥1,320 (2024/06/13 20:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました